レデノン – レース 3: 加藤泰斗選手、優勝者ジュール・カランタ選手が表彰台

加藤泰斗がF4フランスで初勝利を収める16歳のドライバーが素晴らしい成功を収め、チャンピオン争いに復帰

公開 12/05/2024 à 09:59

ヤニス・デュバル

0 コメントを見る)

レデノン – レース 3: 加藤泰斗選手、優勝者ジュール・カランタ選手が表彰台

© DPPI

  • F4フランスフィールドの週末最後のミーティングはレドノンサーキットで行われた。比較的穏やかなレースの末、加藤泰斗選手が勝利を収めました。ポールポジションからスタートした日本人ドライバーは一度もリードを譲らず、完璧なレースを完走した。これはシーズン開始以来、5 レース中 XNUMX 人目の異なる勝者です。
  • レース1勝者のチェスター・キーファーは2位となった。チャンピオンシップへの大きなポイント。最後にジュール・カランタが表彰台を獲得しました。このフランス人ドライバーが出場するのは今シーズン、2024レースでXNUMX回目となる。この XNUMX 年シーズンの優勝候補が形になりつつあるようです…
  • レース中に衝突はなかったが、注目すべき点はある。しかし、集団の中央だけでなく先頭でも素晴らしい戦いがいくつかありました。ジュール・カランタは、ヤニ・スティーブンハイデンを見事な作戦で破り、チェッカーフラッグまであと数周で3位に浮上した。
  • F4フランスグリッドの次の会合はスパ・フランコルシャン、21月23日とXNUMX日。

レドノンでのレース3のランキング:

こちらもお読みください > レデノン – レース 2: フランク・ポルテ・ルイスがセッションを支配

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く