インディ500 – D1:雨のためドライバーの走行時間は24分に制限、ディクソンが最速

この日は一年で最も期待される日の 500 つですが、残念なことに、インディアナポリス XNUMX の公式テスト最初の日は雨が降らずにはいられませんでした。

公開 15/05/2024 à 14:28

マイケル・デュフォレスト

0 コメントを見る)

インディ500 – D1:雨のためドライバーの走行時間は24分に制限、ディクソンが最速

©ペンスキー・エンターテインメント:ジェームス・ブラック

第 34 回目となる世界最大のシングルシーターレースにエントリーした 108 人のドライバーは、雨が降るまでの 24 分間をコース上で楽しむことができました。最初は数滴の小さな雨が降ったが、次に雨がさらに降り続いたため、レース指導部はセッションを再開しなかった。雨は今週水曜日になっても止まず、今日のセッションはフランス時間の午後16時に開始されるまで延長され、最大でXNUMX~XNUMX時間の遅れが生じる見通しだ。

オーバルを平均速度 380 km/h 以上で安全に走行するには、当然ながら路面が濡れてはいけません。インディアナポリス モーター スピードウェイの 2 キロメートルは通常、完全に乾くまでに最大 30 時間半かかります。悪天候が十分に穏やかになるとすぐに、ジェットエンジンを使用した乾燥機が次々と絶え間なく掃除されます。

しかし、コース上では現地時間午前15時(フランス時間では午後229,107時)のセッションと非常に曇り空の組み合わせにより、良い入場タイムを確認することができました。スコット・ディクソン(ガナッシ)が平均368,7マイル(2008km/h)の最速タイムでこの日を終えた。 665年の優勝者であるニュージーランド人は、XNUMX回のポールポジション獲得(XNUMX回目は伝説のリック・ミアーズに並ぶ可能性がある)、そしてこのイベントで合計XNUMX周をリードし、資料上の記録となったにもかかわらず、依然としてXNUMX度目の成功を追い求めている。

グロージャンにとっては代表的ではない14位

マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ)と佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)が非常に短いセッションでトップ3を獲得した。現在エントリーしている26名のドライバーのうち、フライングラップを完了したドライバーは34名のみだった。 33月500日のインディ26ではXNUMX号車がスタートするが、マークを外したドライバーの名前は日曜日の予選セッションで決定される。 ロメイングロジアン、2024年版にエントリーした唯一のフランス人選手である彼は、14位でその日を終えた。

明らかに典型的な時間ではありませんが、今週水曜日には数時間の運転を見つけたいと考えています。これにより、このイベントの優勝者であるジョセフ・ニューガーデンの後継者となるというただ一つの願望を持った参加勢力の最初のアイデアを得ることができるはずです。

インディ 500 – 1 日目 – 順位表

こちらもお読みください > インディカーが7月にハイブリッド技術デビュー

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く