クリストファー・トゥヴロン、ミシュラン・ラリー・ツアー2023 2輪ドライブ優勝者:「300%楽しんでください」

ヴァンデーンは、4月14~16日にヴォージュ・グラン・エストで開催されるクリオ・ラリーXNUMXのハンドルを握るフランス選手権のラリーという彼の寄付金から恩恵を受けることになる。

公開 21/05/2024 à 12:26

アン・シャイラー

0 コメントを見る)

クリストファー・トゥヴロン、ミシュラン・ラリー・ツアー2023 2輪ドライブ優勝者:「300%楽しんでください」

© グレゴリー・ルノルマン / DPPI

クリストファー、簡単に自己紹介をしてもらえますか?

私は造園家です。32 歳で、レ サーブル ドロヌ (ヴァンデ) に住んでいます。私はASAサーキット・ド・メリニャックでライセンスを取得しています。

モータースポーツに対するあなたの情熱は子供時代に遡りますか?

そう、若い頃に車に乗れなかった父の言葉です。彼は私たちをラリーを見に連れて行ってくれたし、例えばティエリー・ランデのようなドライバーを追った。彼に会った後、私たちは意気投合し、友達になりました。

あなたは彼のそばで副操縦士として働き始めました…

はい、16〜17歳のとき、私は彼と一緒に乗る機会がありました。私は副操縦士として5~6年間勤務することができました(2e に配置 ラリー 2012 年のオロネス地方。編集者注)。そこで私はトゥインゴ R2 を購入してハンドルを握ることにしました。私の目には、トゥインゴはコ・ドライバーとしてよく知っていたクリオ・ラグノッティの進化版でした。

自分で作った車ですよ!しかし、私たちはあなたの職業からは程遠いです。

はい、でも整備士の友人たちに囲まれていれば、すべてがうまくいきます。

2015 年の最初のラリーから、クラスで表彰台に登りました。

それはコトー・デュ・レイヨンでした、我々は2試合を終えましたe クラスの中でも特に25e 引っ掻く。トップ30以内に入るのは私たちにとって異例のことでした。クラス優勝した友人のシルヴァン・アラノアと同じカテゴリーで、素晴らしい週末を過ごしました。

あなたは競技初年度として、サメールで行われるクープ・ドゥ・フランス決勝にも出場しています…

私は委員会の中で最も優秀な若手として、初めての決勝進出を決めました。それは、北の地で、自分はそこで何をしていたのだろうか、という経験でした。 (笑い) しかし、それは発見や学習の一部です。この決勝戦では、この一年でやらなかった愚かなこと(パンク、ストレート)がすべて蓄積され、フィールドに閉じ込められたままでしたが、観客がこの混乱から抜け出すのを助けてくれました。

2016年は短いシーズンでしたが、ファーストクラス優勝を達成しました。

そうです、ヴァル・ド・セーヴルでは、しかしそれ以上の競争はありませんでした…

翌年、全国ラリーも含めてクラスで6回優勝しましたね!

私たちはすべてのアップグレードを備えた新しい Twingo R2 を購入したため、このような結果を得ることができました。

2018年のシャロン・シュル・ソーヌ(ソーヌ・エ・ロワール県)決勝に出場したクルマ。

良いシーズンを過ごせました。しかし、決勝戦のプロローグで石にぶつかってトランスミッションが壊れてしまいました。修理のためにサービスに戻りましたが、ランキングでは最下位になってしまいました。そのため、シーズン中にやってきた成果を発揮することができませんでした(6e クラスの。 編集者注)。

2020 年には、Clio R3T を選択します。何のために ?

2019年末にはかなり好調な成績を収めましたが、その前にすでにクルマを乗り換えることを決めていました。 2020年、2021年はコロナ禍だったので、調整がかなり難しいクルマではあったものの、あまり運転することができませんでした。私たちはその上ですべてを行う必要があり、AからZまですべてを実行しました。

2021 年、あなたはフランス ラリー選手権の第 XNUMX ラウンドに参加します。フランスの中心部で、これがあなたにとって最も近いイベントですか?

はい、でも二日目は出かけました。 2022年にもう一度運試しをしましたが、やはりXNUMX日目で退散してしまいました…。

2022年には全国集会の方向性も決定しますね。

車両準備者を変更し、経験を積みました。そのおかげで私たちはこのような全国集会のプログラムに参加することができました。私は新しいイベントを発見するのが大好きです。新しいステージや新しい地形を見るため、そして新しい競争相手と戦うためです。家以外の場所で乗るのが大好きです。

2023 年、あなたはミシュラン ラリー ツアーに乗り出します。何のために ?

2022年シーズンの終わりに、シルヴァン・マイエがこの挑戦について私に話してくれた。彼は私に言った " ぜひ参加してみてください。豪華な賞品が当たるかも知れません '。

シーズンはどうでしたか?

大丈夫。 3月から11月までに14回の集会に参加し、とても忙しい一年でした。基本的には決勝進出を目指しました(アンバート。 編集者注)、資格を確認するための地域委員会でのスタートを逃したため、残念ながらそれは実現しませんでした。

ミシュラン・ラリーツアーの二輪駆動部門での優勝を目指してスタートしたのですね。

はい、ランキングを見たら3人いましたe。それはプレイ可能であり、主な競争相手はシルヴァン・マイエとフレデリック・ルーセルでした。私たちは勝利の可能性を高めるために、ラ・ロシェルで開催されたオータム・ラリーに参加しました。しかし、私たちはエントリージョーカーを燃やします。その後、私たちはアンドルラリーに参加し、クラス優勝し、2位を獲得しました。e グループの場所。最大のポイントを獲得しました。私たちはフレデリック・ルーセルとともに同じラリーにエントリーしていたので、直接対決することになりました。しかし着地して4、5分ロスした。我々はポイントの点で彼を追い越した。ミシュラン ラリー ツアーはコルシカ島、レユニオン、ペルピニャン近郊で残り XNUMX ラウンドを残しました。これらのイベントは遠すぎて参加を検討できませんでした。シルヴァン(マイエ)は、車の大きな整備のため、クール・ド・フランスの後にストップした。しかし、フレデリック・ルーセルが最後にやるかどうかはわかりませんでした。

結局、彼はそれをしませんでした、そしてあなたはこの試合の大きな勝者です。何を感じましたか?

勝てて良かったです、予想していませんでした。それは非常に良いシーズン、一年間の努力の成果だ。また、私たちをフォローしてくれる私のパートナーと家族、私の同行者と副操縦士にも感謝します。オフィーリア・シェーン。 編集者注)私のすべてのプロジェクトで 300% フォローしてくれる人です。勝者には、Rally4 でフランス選手権をラウンドできるという賞品が与えられたことに、私たちは非常に満足しています。

あなたが選んだのはヴォージュ グラン エストでした。なぜですか?

問い合わせたところ、オススメされたのがこのラリーです。私は自分の地域ですでにそれを行っているパイロットを信頼しました。フランス選手権のラリーで自宅とはあまりにも違う道で道に迷い、発見することはしたくありませんでした。目標は、この特典を最大限に活用できるようにすることです。私は300%楽しむこと以外に目標を設定していません。でも、最低限のパフォーマンスはして、楽しい時間を過ごしたい…それは毎日もらえるものではない、とんでもない贈り物です。それを最大限に活用する必要があります。

すでにご存じのクール・ド・フランス(27月29日~XNUMX日)を選んでみてはいかがでしょうか?

自分の車でやりたいから。 2023年にもやりましたが、今回やっと完成しました!私たちはそこでクラス優勝し、トップ30でフィニッシュしました。そのため、2024年にもルエルグラリー(4月6~2024日)と同様にもう一度やりたいと思っています。 XNUMX 年、シーズンはそれほど忙しくはありませんでした (ジャン・ピエール・シャンポーではクラス優勝、シュー・モン・ド・ブロンドではクラス優勝を果たした。 編集者注)そして私たちのASAが主催するサンテミリオンで(3e クラスの。 編集者注)5 月中旬には、これらの素晴らしいイベントに焦点を当てます。

ヴォージュ グラン エスト会議の準備はいかがですか?

ヴァン・マコン(4月7~9日)に参加するため、このクルマを知る目的でクリオ・ラリー3をレンタルした。それほど迷うことはないと思いますが、クリオが R4T から Rally4 に移行することで革命が起きるはずはありません。私はこれを現在の Clio の進化版だと考えています。たとえば、三菱ランサーから C2454 Rally3 に乗り換えたミシェル・ブルジョワ (ミシュラン ラリー ツアーの 2WD 優勝者、AH n°XNUMX を参照) のような不釣り合いな変化は期待していません。

Anne Tscheiller が収集したコメント

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く