トヨタがパハリの計画を変更、オジェがラトビアの補強に

当初ラトビアで予定されていたサミ・パジャリのRally1デビューは延期された。そこでトヨタはラトビアのイベントにセバスチャン・オジエを招集した。

公開 24/06/2024 à 11:23

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

トヨタがパハリの計画を変更、オジェがラトビアの補強に

©トヨタ

車のハンドルを握るサミ・パジャリを見るために トヨタ ヤリス ラリー1はもう少しお待ちいただくことになります。日本のメーカーが確認したところ、 6月初旬、ラトビアラリーに出場する仔馬 (18月21~XNUMX日)、ついに計画の見直しを決定した。

実際、日本のブランドは22歳のフィンランド人のデビュー日をシーズン後半まで延期した。したがって、これらはもはやラトビアではなく、自国で行われることになります。 ラリー フィンランドから (1er-4月XNUMX日)。決定 " パイロットと相談しながら、デビューに向けて最良の条件を考慮して決定されました。。 「」

オジェがパハリの欠場を補う

このプログラム変更により、トヨタはラトビア・ラリーの計画の見直しを余儀なくされた。したがって、サミ・パジャリの不在に直面して、現世界チャンピオンのメーカーは次のように呼びかけた。 セバスチャン・オジェ。さらに良いことに、いつものエルフィン・エバンスと勝田貴元に加えて、すでに参加が記録されているカッレ・ロバンペラも日本の仲間入りをするので、彼は艦隊全体を頼りにすることができるだろう。

「当初はラトビアに行く予定はなかったが、マニュファクチャラーズ選手権とドライバーズ選手権の状況をチームとともに分析した結果、その機会が巡ってきた」 笑顔 セバスチャン・オジエ。チームは私が他のイベントに参加することを望んでいたので、私は喜んで同意しました。チームに恩返しをしたいし、過去3年間と同じようにチームとともに走り続ける機会を与えてくれたことに感謝したい。 »

こちらもお読みください > パラグアイは2025年にWRCに参戦する

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く