トヨタの検出プログラムに新たに日本人2名が参加

WRC チャレンジ プログラムは 2024 年に新たなプロセスを経て、さらに XNUMX 人の若い日本人のトレーニングを受けます。勝田貴元の足跡をたどり、フィンランド選手権にデビューした。

公開 17/06/2024 à 12:21

ロイック・ロッシ

0 コメントを見る)

トヨタの検出プログラムに新たに日本人2名が参加

勝田貴元選手の軌跡を目指してトレーニングを開始した松下匠選手(右)と後藤翔太郎選手(左)(写真:Toyota Gazoo Racing)

次世代の育成が停滞している、あるいはまったく存在していない国があるとすれば、それは日本の場合ではない。にコミットすることで、 WRC, トヨタ 同社は次世代の育成を怠っていないし、一人または複数の日本人を最高レベルに昇進させるために必要な努力をしなかったメーカーを責めるのは不可能だ。

2015 年に開始されたこのプログラムにより、勝田貴元はエリートの仲間入りを果たし、現在では優勝候補の一人となっています。好感の持てる31歳をトップに導いたプロセスは洗練されている。 2022 年、27 番目の有望なチームが訓練を開始しました。山本裕子(23歳)と小暮ひかる(3歳)がフィンランド選手権に初出場した。今年はスウェーデン、クロアチア、ポルトガル、サルデーニャでレースを行っており、彼らはWRCにますます頻繁に参戦している。いつ選択が行われるかは不明ですが、間もなくXNUMXつだけが残ることは確かです。では、彼のプログラムはどのようなものになるのでしょうか?勝田の代わりに来てくれるのだろうか?彼は追加の車両に関与するでしょうか?トヨタ経営陣はXNUMXつの決定を下さなければならないだろうe すでに波が来ています。

2023年に日本で行われた選考の結果、24名の候補者が選出されました。松下匠(22歳)と後藤翔太郎(XNUMX歳)は年明けにフィンランドに到着し、トレーニングを開始した。彼らの経験 ラリー 非常に制限があり、松下は 1 つを演奏し、正太郎は 5 つも演奏しなかったので、彼らは音符を作成することに集中しました。彼らの取り組みが初めて実現したのは、SM Pohjanmaa Ralli の最中でした。フィンランド西部、セイナヨキの町近くで組織されている。e フィンランド選手権のラウンドには9つのスペシャルステージが含まれ、タイムは122,05kmでした。フィンランドの船員たちと協力して、彼らはゴールに到達しました。 ルノー クリオラリー4、タクミ(ペッカ・ケランダーと組んだ)が34位フィニッシュe と後藤 (ユッシ・リンドバーグと) 36e。結果はもちろんですが、二人の実習生は特に楽しく完走できました。

« 人生初の集会でしたと後藤翔太郎氏が解説した。 とても刺激的で楽しかったです。車にダメージを与えることなく最後まで終えることができて本当によかったです。週末を通してコンディションが変化したので、多くの経験を積むことができたと思います。私にとって最大の課題は、勇気を持ってメモに一貫性を持たせることでした。 » 「簡単なテストではありませんでした」と松下匠は付け加えた。 終わって本当に嬉しかったです。最も困難だったのは、曲がり角が見えない長いストレートの後、正しく正確なブレーキングポイントを見つけることでした。特に初日は少し苦労しましたが、2日目にはかなり良い感触が得られ、音符にもかなり自信が持てるようになりました。 »

二人の日本人のパフォーマンスはミッコ・ヒルボネンを満足させた。 「 この最初のラリーの結果にとても満足していますとプログラムの主任インストラクターは語った。。私たちが本当に望んでいた唯一のことは、彼らがゴールすることであり、彼らはそれを実行してくれました。さらに、私たちは彼らのスプリットタイムを、フィンランドの道路を長い間走り続け、多くのレースに参加している最速のライダーのスプリットタイムと比較しました。そして、キロメートルあたりの差は、彼らの最初のイベントにとって非常に心強いものでした。彼らは多くのことを学び、成績の重要性を本当に理解しました。 »

この最初の試みの後、後藤と松下はフィンランドでトレーニングを続け、26月27日とXNUMX日にタンペレを拠点とする次の大会であるHYAcenterラリーに臨む。

ロイック・ロッシ

過去、現在、未来を専門とするジャーナリストで、南部のアクセントが特徴です

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く