セバスチャン・ブルデーとキャデラックがラグーナ・セカでポールポジションを獲得

今年の IMSA 予選では、キャデラックを止めるものは何もありません。 31号車のピポ・デラニがXNUMX回連続でポールポジションを獲得した後、今度はセバスチャン・ブルデーがベストタイムを記録した。

公開 12/05/2024 à 09:54

マイケル・デュフォレスト

0 コメントを見る)

セバスチャン・ブルデーとキャデラックがラグーナ・セカでポールポジションを獲得

© 2024 リチャード・ドール

ル・マンソーはラグナ・セカのトラックレコードを破り、ポールポジションを獲得した。カリフォルニアのトラックは、前回の訪問以来再舗装されました。IMSA このサーキットでは、より速いコーナリング速度が可能になります。 ブルデー リッキー・テイラーが2022年以来保持していた記録を1インチ5更新した。

" あなたが知っている その la 温度 de la ゲレンデ va baisser et その グリップ va オーグメンタ au 毛皮 et à mesure その la ゲレンデ se きれいにする et se タイヤ », ブルデー氏は回転運動についてこう語った。 「古い路面ではタイヤで1周しか走れなかった。チャンスはあったし、それだけだった。 これでラウンドを続行できます。 トラフィックが非常に多いため、テストでは実際にそれを行う機会がないため、これは非常に困難です。 僕らは幸運だし、クリーンなラップを達成できれば嬉しい。 厳しい状況ではあるが、タイヤを良い状態にするのはとても楽しいことだ。 »

これまでの01戦で31回フロントロウからスタートしたキャデラックXNUMX号車が、ついに初のポールポジションを獲得した。今週日曜日にそれをレースの勝利に変えることができれば、ロングビーチに続きXNUMX回連続の成功となる。しかし、特にもうXNUMX台のキャデラック、アクション・エクスプレス・チームのXNUMX号車に勝つ必要があるだろう。金曜にはジャック・エイトケンが船内事故の犠牲者となったが、ピポ・デラーニがなんとか彼女を最前線に立たせた。

GTではコルベットとランボルギーニがポールポジションを獲得

BMWと ポルシェ グリッドの24列目はフィリップ・エングの6号車と並び、マチュー・ジャミネの3号車が先行する。 GTD Pro では、他のゼネラルモーターズ車を抑えて、コルベットでポールポジションを獲得したのはニッキー・キャッツバーグでした。ウェイン・テイラー・レーシング・ウィズ・アンドレッティが、ランボルギーニ・ウラカン GT2 EVOXNUMXでGTD部門のポールポジションを獲得した。

今週日曜日、午後2時にラグナ・セカから40時間21分がスタートします!

ラグーナ セカ – 予選 – ランキング

こちらもお読みください > WTRAアンドレッティとキャデラックはIMSAでの提携に向けて?

0 コメントを見る)