WECとIMSAにおけるハイパーカーの公認が2029年まで延長

ル・マン24時間レースの傍らで開催された年次記者会見の一環として、西部自動車クラブ(ACO)は2029年までの承認延長を発表した。

公開 14/06/2024 à 16:17

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

WECとIMSAにおけるハイパーカーの公認が2029年まで延長

写真:ハビエル・ヒメネス/DPPI

ハイパーカーにはまだ明るい未来が待っています。 2021年に発表された統合協定のおかげで、IMSA、ACO および国際自動車連盟 (FIA)、LMDh および LMH の車両は、GTP カテゴリーの両方でレースに出場する資格があります。IMSA 世界選手権のハイパーカー部門にも出場耐久性 FIAの。

LMHは6年のスパ・フランコルシャン2021時間レース中にデビューし、LMDhは24年のデイトナ2023時間レース中にIMSAにデビューした。ACOは、開催された記者会見でそれを認めた。 24時間のルマン 今週金曜日の朝、これらの自動車の承認サイクルが2029年まで延長されたことが発表された。

こちらもお読みください > フレデリック・レキアン: 「新しいメーカーがWECに登場するだろう」

FIA耐久委員会委員長のリシャール・ミルはこの選択についてこう説明する。 「現在のグリッドは本当に素晴らしいです。この規制の遺伝子の中に、承認期間をできるだけ長くするという配慮を通じて、持続可能性の概念を植え付けたことは明らかです。この期間を 2029 年間延長し、XNUMX 年までとしました。私たちはスポーツと経済の安定を維持することに非常に熱心であるため、これは論理的な決定です。 »

「世界の耐久レースはかつてないほど魅力的です。」 IMSAのジョン・ドゥーナン会長はこう語った。 「IMSAが現在享受している成功の多くは、私たちがACOおよびFIAの同僚たちと開発した共通のプラットフォームによるものであり、同じことがル・マン24時間レースとFIAにも当てはまると確信しています」 WEC.

「このプラットフォームは、GTP クラスのメーカーに関連性をもたらし、ファンには熾烈で競争力のある予測不可能な競争をもたらしました。これらのレーシングカーのホモロゲーションを 2029 年まで延長することで、現在関係者全員に安定がもたらされ、将来的には他のメーカーにも道が開かれる可能性があります。 »

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く