サリーンはソリューション F を備えた水素スーパーカーで戻ってきました

アメリカのサリーン・オートモーティブは、ソリューション F エンティティによって開発された水素 V6 を搭載したスーパーカーを開発しています。

公開 13/06/2024 à 17:29

メディ・カサウラン

0 コメントを見る)

サリーンはソリューション F を備えた水素スーパーカーで戻ってきました

水素を燃料とするフェニックス H2 の前に立つスティーブ・サリーンとエリック・ブードー。 ©クラシックメディア

水素村では毎日アナウンスがあります。 24時間のルマン。の余波で のプレゼンテーション H24EVOで注目を集めたのは、水素分野のもう一つのプレーヤー、ソリューションF(GCKグループ所属)だった。

このフランスの会社は、実際、モータースポーツやアメリカの自動車の専門家によく知られている名前であるサリーン・オートモーティブと正式にパートナーシップを締結しました。 Steve Saleen が設立、経営するこのメーカーは、ソリューション F が供給する水素 V6 エンジンを搭載した将来のスーパーカーを開発中です。

このツインターボ V6 は、すでに数カ月にわたって研究が進められており、水素および/または従来の合成燃料で動作できるという特殊性を備えています。ブーシュ デュ ローヌにある自社の Venelles サイトでこのエンジンを設計、製造、開発するために、Solution F チームは特定の潤滑剤を提供するパートナーである MOTUL の技術サポートを利用することができます。

一方、仏米提携はまず、フェニックスH2をベースとし、V8水素燃焼エンジンを搭載した実証機の共同開発を通じて実現し、年末に米国で稼働する予定だ。 2024 年には、将来の量産車の登場に備え、見本市やカーレースなどの公共イベントでエンジン技術のプロモーションを確実に行うためです。

「私たちは、将来の輸送は複数のソリューションに基づいており、水素または合成燃料エンジンがエコロジーの中心的な役割を果たしながら、従来のエンジンと同等の究極のパフォーマンスと燃料補給の容易さを提供すると確信しています。」は、サリーン・オートモーティブ社社長のスティーブ・サリーン氏が、ラルブル・コンペティションがメロディアスなサリーンS1-RでGT7で優勝して以来、ル・マンに来ていなかった、と述べた。

「ソリューション F の創設者であるエリック・シャントリオー氏と彼の技術チームがエンジン分野で 40 年近くにわたって得た経験は、グループの水素戦略の展開における大きな資産となっています。 GCK, GCKグループの社長エリック・ブードー氏はこう説明する。 当社は、Saleen のような名門メーカーと水素分野における技術的成熟度を共有することで、産業規模に移行し、史上初の二元燃料スーパーカーの開発に参加できることを誇りに思っています。 »

メディ・カサウラン

あらゆる分野のモータースポーツの歴史に情熱を持っていた私は、AUTOhebdo のおかげで読書を学びました。 少なくとも私の両親は、私の名前を見たときにみんなにそう言います!

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く