ポルシェ スプリント チャレンジ フランス – ディジョンで写真フィニッシュ

今週末、ディジョン・プルノワ・サーキットで開催されるポルシェ スプリント チャレンジ フランスのレースは、カップ シリーズの最初の 2 台を決定するには写真判定が必要で、ゴールラインではわずか XNUMX 分の XNUMX 秒の差であったため、特に競争が激しくなりました。

公開 21/05/2024 à 10:47

書き込み

0 コメントを見る)

ポルシェ スプリント チャレンジ フランス – ディジョンで写真フィニッシュ

© Porsche Sprint Challenge France / Alexis Goure

718月末にマニクールに納車された4台のXNUMX GTXNUMX RSが、いつものようにランキング外で「フリーランス」となったジョナサン・ヒルシ(ジェモ・モータースポーツ)を先頭に予選で初めてコースに出た。悪名高いパイロットの場合。 ポルシェ スプリントチャレンジフランス。

予選練習では1回目、20回目ともに当然ベストタイムをマークし、基準タイムは118分718秒4を記録した。最初のレースでは、同じくXNUMX GTXNUMX RSクラブスポーツに乗るレミ・ファン・シュトラーテン(VSコンペティション・バイ・オルエス)とヨハン・ルースラン(CGモータースポーツ)が続いた。第XNUMXレースの予選では、ヨハン・ルースランがXNUMX回目のタイムをマークし、アクセル・ファン・シュトラーテン(VSコンペティション・バイ・オルエス)が続いた。

スポーツ カップ シリーズの直後に行われたカップ シリーズの予選セッションは、992 GT3 カップ カーとルイ ペローが独占しました (IMSA パフォーマンス)の基準タイムは1分17秒862で、ビクター・ブルージョン(ABM)とルドヴィク・ロウル(アンセル・モーターズ・バイ・ポルシェ・ロリアン・レーシング)が続いた。最初の 991 GT3 カップ フェーズ II では、イヴ ゴダール (ドライビング&パフォーマンス) が 1'19"642 のタイムで 991 位にランクされました。3 GT992 カップ フェーズ I の最速タイムをマーク ボイティオと見つけるには、3 位まで下げる必要がありました ( BPSレーシング)。第991レースでは、ビクター・ブルージョンが最速タイムを記録し、ユーゴ・ジロー(ABM)とクレマン・ロウル(アンセル・モーターズ・バイ・ポルシェ・ロリアン・レーシング)が続き、2人全員が991 GT1カップで優勝した。XNUMX位は再び、イヴ・ゴダールがXNUMX-XNUMXで再び記録した。 XNUMX-XNUMXでXNUMX位のマルク・ボイトーのように。

予選練習が乾いた路面で行われた場合、土曜日の朝に雨が降り、その日の4つのレースは濡れた、または非常に濡れた路面で行われました。開幕戦は再びスポーツカップシリーズだったが、プアスのカーブでスピンし、1台のマシンがコース中央で停止したため、すぐにセーフティカーが出動したが、物的損害はなかった。レースの残りは順調に進み、ジョナサン・ヒルシがヨハン・ルースランとレミ・ファン・シュトラーテンを抑えて予選通過と安定した表彰台を獲得した。

©アレクシス・グーレ

スポーツ カップ シリーズの第 2 レースも同様に快晴でしたが、ストレートの終わりで車両が冷却剤を失い、レースを続行するには危険が大きすぎるため、終了から数分後に中断されなければなりませんでした。それでもジョナサン・ヒルシがヨハン・ルスランとエマニュエル・オルジュヴァル(グリンチ・レーシング)を抑えてさらなる勝利を収めるのを妨げるものではなかった。

カップ シリーズの第 2 レースでは、ルイ ペロー、ヴィクトル ブルージョン、クレマン ロウルの順で順位を何度か入れ替えながらも、先頭で壮絶な戦いが繰り広げられました。ライン上のギャップはわずか 17 分の 991 秒で、2 位のフィニッシュは 991 分の 1 秒遅れだったため、最初の 2 位のどちらかを決めるには写真判定を使用する必要さえありました。 267-XNUMXではXNUMX位のアレクサンドル・ラッセ(MRS)がイブ・ゴダールとヨアン・フォジェ(KMI)を上回り、XNUMX-XNUMXではピエール・バサロ(IMSAパフォーマンス)が総合評価XNUMX位で優勝した。ミカエル・ドゥルガード(XNUMXMコンペティション)とアラン・カルニエロ(チームXNUMX)が続いた。

カップシリーズの第3レースはアンセル・モーターズ・バイ・ポルシェ・ロリアン・レーシングが優勢で、最初の991台が先頭に立ち、クレマン・ロウルがルドヴィク・ロウルを上回り、ビクター・ブルージョンが2位からコンマ991秒差で1位となった。 IN XNUMX-XNUMXでは、最下位グリッドからスタートしたアレクサンドル・ラッセが再び優勝し、見事な逆転でXNUMX位でフィニッシュ、続いてイヴ・ゴダールとヨアン・フォジェが続いた。最後に、XNUMX-XNUMXでXNUMX位のマルク・ボイティオがピエール・バサーロとアラン・カルニエロを抑えて優勝した。

28 月 2024 日、ポルシェ スプリント チャレンジ フランス XNUMX の第 XNUMX 回会合でヴァル ド ヴィエンヌ サーキットでお会いしましょう。

ポルシェ スプリント チャレンジ フランス、ディジョン – ランキング

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く