ポルシェ スプリント チャレンジ – ノガロ C2: ルイ ペローの帰還

2 回目のノガロ レースでは、ポルシェ スプリント チャレンジで頭角を現した旧知のルイ ペローが報われました。

公開 01/04/2024 à 18:39

書き込み

0 コメントを見る)

ポルシェ スプリント チャレンジ – ノガロ C2: ルイ ペローの帰還

ウェットコンディションでの最初の予選セッションの後、トラックは十分に乾燥し、第2レースの予選にはスリックタイヤが適切な選択となりました。 ポルシェ スプリント チャレンジ フランス ノガロイースターカップの様子。

これにより、ルイ・ペロー (IMSA パフォーマンス)、優勝者 ポルシェ スプリント チャレンジ フランス 2021 では、ウーゴ ジロー (ABM) に 2,4 秒差、フレデリック アンセル (アンセル モーターズ バイ ポルシェ ロリアン レーシング) に 2,505 秒の差をつけて見事ポールポジションを獲得しました。この 992 人全員が 3 GTXNUMX カップを運転しています。

991位のヴァンサン・イサバール(ベルト・マテリオー)が2フェーズIIの最速タイムを記録し、991位のマイケル・ドゥルガール(997Mコンペティション)がXNUMXフェーズIのベストタイムを記録した。最後にXNUMXRではミシェル・エトゥアティ(IMSAパフォーマンス)が記録した。 XNUMX番目に速いタイムで最もよく分類された人。

スタート時は完璧な天候に恵まれ、ルイ・ペロー選手はポールポジションを活かしてトップに躍り出て、フィニッシュまで心配することはありませんでした。表彰台はテスト時と同じでしたが、フレデリック・アンセルが2位、ウーゴ・ジローが3位という乱れでした。ビクター・ブルージョン(ABM)も優勝争いに加わる可能性があったが、残念ながらパンクに見舞われ4周目にリタイアを余儀なくされた。このリタイアはエリック・デバード(ラセティビティ)に恩恵をもたらし、9位スタートでレース終了時には4位に浮上した。あらゆるレベルで争いがあったレースで最高の逆転劇とは言えなかったが、これは予選で不調だったため16位スタートで6位に終わったグレゴリー・ラッセ(MRS)の功績によるものである。

ノガロのトラックでは、マルコ・ジェラルドゥッツィ (DBG モータースポーツ) がドライブし、アレクサンドル・ラッセ (MRS) が続き、最初の 992 GT3 カップ フェーズ II を見つけるには 991 番手まで下がる必要があったため、3 GT991 カップは間違いなく最速でした。 3位、ローランド・ショタール(ショタール・チーム)、2位。 997 GT3カップのフェーズIカテゴリーでは、総合XNUMX位のマルク・ボイティオ選手(ベルト・エンジン)が優勝、続いてミシェル・エトゥアティ選手(IMSAパフォーマンス)をわずかに上回ったXNUMX位のミハエル・ドゥルガール選手(XNUMXMコンペティション)が優勝した。グループ優勝、XNUMX GTXNUMX R、総合順位XNUMX位。

マルコ・ジェラルドゥッツィ(DBGモータースポーツ)が最後から2番目のコーナーでコースアウトしたため、残念ながらレースは赤旗中断となった。彼の車はグラベルトラップで悪い位置にあることに気づき、レース運営側は不必要なリスクを避けることを好みました。

ポルシェ スプリント チャレンジ フランスは、17 月 18 日と 718 日にディジョン プルノワ サーキットに皆様を招待します。4 ケイマン GT21 RS クラブスポーツの登場という素晴らしい初披露が行われます。そのうち XNUMX 台以上がスポーツ カップ シリーズの勝利を目指して競い合います...

ポルシェ スプリント チャレンジ フランス

レース2ランキング
1- ペロー・ルイ (IMSAパフォーマンス – 992): 15周、22’09”275
2- ANCEL フレデリック (アンセル モーターズ by ポルシェ ロリアン レーシング – 992) 13,347
3- ジロー・ユーゴ (ABM – 992) 28,043
4- デバード・エリック (競争力 – 992) 36,02
5- ドリンク ジョーダン (TFT レーシング – 992) 48,452
6- ラッセ・グレゴリー (MRS – 992) 49,692
7- コシャール・ローラン (レーシングテクノロジー – 992) 51,843
8- SARNY David (Berto Engines – 992) 53,066
9- ジェラルドゥッツィ・マルコ (DBGモータースポーツ – 991-2) 56,787位
10- ラッセ・アレクサンドル (MRS – 991-2) 57,473
11- MIEVAQUE Anthony (TFT Racing – 992) 1:01.379
12- サラム・オリヴィエ(TFTレーシング – 992) 1:03.971
13- BOITHOT Marc (Berto Engines – 991-1) 1:12.910
14- ドルーガル・マイケル (2M 競技 – 991-1) 1:19.643
15- エトゥアティ・ミシェル (IMSA パフォーマンス – R) 1:19.701
16- ショタール・ローランド (ショタール・チーム – 991-2) 1:20.429
17- LANNEPOUDENX Mathieu (レーシングテクノロジー – 992) 1:23.325
18- ISAVARD Vincent (Berto Engines – 991-2) 51:26,558
19- カルネイロ・アラン (チーム267 – 991-1) 1ラウンド
20- VASALLO Pierre (IMSA パフォーマンス – 991-1) 1 周目
21- ZIEGLER Michael (RSR – 991-2) 1周時
22- サラム・バーナード (TFT Racing – R) 1周目
23- ベネゼフ・ポール (競争力 – 991-2) 1ラウンド
24- ピニオン・ローラン (レーシングテクノロジー – 992) 1ターン
25- LESAGE Jean-Marc (Berto Engines – 991-2) 1ターン
26- MILOE Jean-Louis (Gautier Ebel Motorsport – 991-1) 1周目
27- リカウ・ローラン (ジュビンチーム 56 – 991-1) 1ラウンド
28- ドゥカミン・セドリック (レーシングパフォーマンス – 991-2) 1周時
29- AUCH-HISIGER Claude (Gautier Ebel Motorsport – 981) 2周目
NC-BLUGEON Victor (ABM – 992) 12ラウンド

こちらもお読みください: ポルシェ スプリント チャレンジ – ノガロ レース 1: ビクター ブルージョン インペリアル

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く