バレンシアへようこそ、軍隊の概観

ラメラカップの第 2 回大会は今週末、バレンシアのサーキット (スペイン) で開催されます。 MotoGP で有名になったこのサーキットは、フランスとナバラで最もダイナミックなプロモーション カップの参加者を 3 回目に迎えます。

公開 07/06/2024 à 17:54

ドミニク・ドリコ

0 コメントを見る)

バレンシアへようこそ、軍隊の概観

©アレクサンドレモンテシノス

ゲルマン的な厳格さの後に、イベリア人の熱意。 5月初旬、壁崩壊の高揚感の中で人里離れた場所に出現したラウジッツリンクでラメラカップのシーズンが始まった。今週末もスペインの太陽の下で続きます。リカルド トルモ サーキットはモータースポーツ愛好家にはよく知られています。通常、ここで白熱した世界選手権が終了します。 MotoGPの。特に平坦なこの道路では、ルートを囲む数万人の観客に、バイクに乗ったアクロバットの間で 10 分の 1 秒ごとに繰り広げられる戦いの息をのむような眺めを提供します。そしてタイトルが決まるのはバレンシアであることが多い。

En ラメラカップ また、振動することも予想されます。技術的な要求で知られるこの長さ 14 メートルの 4 ターンのトラックには、今週土曜日の朝から 005 名のクルーが参加します。出場選手の中には、近年GT27で定期的に頭角を現しているドライバー、ディディエ・デュメインもいる。

一部の新参者にとって、ヒスパニック系の中継地であるラメラカップが今週金曜日に始まった。多くの未回答の質問を抱えたまま競技を開始しないように、彼らには多数の運転セッションを受ける権利が与えられました。助手席とハンドルの後ろに。長い間、最も経験豊富なパイロットがこのコースの微妙な点や避けるべき落とし穴について説明してくれました。良いユーモアに満ちた共有。こちらもラメラカップ。

こちらもお読みください > テオ・プルシェーレ:「ラメラカップはアマチュアにとって良い公式だ」

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く