レデノン – レース 2: ビジャゴメスとワイリッヒがクレイジーなレースで勝利!

レデノンの FFSA GT フィールドは、レース前半はかなり穏やかだったが、後半は完全に燃え上がった。リタイア、衝突、追い抜き…そして74号車アストンマーティンの勝利!

公開 12/05/2024 à 16:26

ヤニス・デュバル

0 コメントを見る)

レデノン – レース 2: ビジャゴメスとワイリッヒがクレイジーなレースで勝利!

© DPPI

  • いいえ、最初にゴールしたのはマテオ・ビジャゴメスではありませんでした。確かに、ガスパール・シモン(シューマッハー CLRT)は確かに11位で到着したが、フランス人ドライバーは4秒のペナルティを受け、XNUMX位に降格した。したがって、勝利はレマンのレーシングスピリットのクルーに与えられます。
  • トーマス・ローランと ノーム・アブラムチック(AVレーシング)が総合111位、プロアマ部門XNUMX位となった。 #XNUMX CSA Racing Audi が表彰台を獲得しました。 
  • スタートはレース1よりもずっと穏やかだった。最初のインパルスでは、2番手スタートのルディ・セルボル(AVレーシング)がダイレクトなアドバンテージを奪った。Alpine 33番。 7周目、このフランス人選手はビクトル・ヴァイリヒ(レーシング・スピリット・オブ・レマン)とトップを保とうとしてバトルを繰り広げた。残念ながら、二人のパイロットは誤解により接触し、セルボルは戦車に飛ばされてしまいます。彼は 12 回目のループでもう一度戻ってきますが、これにより彼は棄権することになります。
  • ヴィックチームにとって複雑なレース。そこには メルセデス レース64優勝の1号車は15周目にコースアウト。その後巻き返すのは難しく、エリック・トレムレとオリヴァー・ジュフレは総合8位に終わった。
  • 次回は21月23日からXNUMX日までスパ・フランコルシャンで開催される。

レデノンでのレース 2 の完全なランキング:

こちらもお読みください > レデノン – レース 1: Vic’Team が勝利!

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く