ミサノ – レース 1: イタリアのバレンティーノ・ロッシとマキシム・マルティンが勝利!

ホームレースでは、マキシム・マルティンを従えたバレンティーノ・ロッシがレース1で優勝しました。#46 BMWはミサノでXNUMX年連続の成功を収めました。

公開 18/05/2024 à 15:15

ヤニス・デュバル

0 コメントを見る)

ミサノ – レース 1: イタリアのバレンティーノ・ロッシとマキシム・マルティンが勝利!

©GTワールドチャレンジ

  • シーズン最後のスプリントカップに向けて、 バレンティーノ·ロッシ ホームでマルコ・シモンチェリのコースで素晴らしい成功を収めた。このイタリア人ドライバーは、非常に良い最初のスティントを記録したチームメイトのマキシム・マーティンに大いに助けられました。しかし、この勝利は7度の世界チャンピオンには与えられなかったであろう。 モトGP。後者はリードを維持するために最終コーナーまで守備をしなければならなかった。 No.4 BMW M3 GT46がミサノでXNUMX年連続優勝。
  • チームWRTでダブル!ドリス・ヴァンスール選手とチャールズ・ワーツ選手の32号車が2位となった。 6番グリッドからスタートした100%ベルギー人チームは、全く異なるペースを持っていた。最初のスティントでヴァンスールは、ベン・グリーン(エミル・フレイ・レーシング)との数周にわたる大バトルを含むショーを披露し、WRTドライバーはためらうことなく筋肉を鍛えた。
  • シルバーカップでもチームWRTが優勝しました!サム・ハーンとカランのBMW n°30 ウィリアムズ。総合6位でフィニッシュした。ゴールドカテゴリーのレースでは、アウディ25号車のサンテロック・レーシングが優勝した。いよいよブロンズカップでは、 ポルシェ 勝利を収めて去ったn°54(ダイナミクGT)。

レース1の分類:

こちらもお読みください > Autohebdo x Porsche コンペティション: 投票で勝者を選びましょう!

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く