PCCF – スパ・フランコルシャン:ギレッティがさらなる勝利で週末を締めくくる

ポルシェ・カレラカップ・フランスでは、アレッサンドロ・ギレッティ(シューマッハCLRT)が今年2度目の優勝を果たした。レース 2024 では、ジュニア ポルシェ モータースポーツ XNUMX が、今シーズン初の総合表彰台を獲得したポール コオーペ (CLRT シューマッハ) を破りました。

公開 23/06/2024 à 11:05

アレクサンドル・エルバン

0 コメントを見る)

PCCF – スパ・フランコルシャン:ギレッティがさらなる勝利で週末を締めくくる

世界で唯一、ギレッティが PCCF で勝利を収めています。 ©アレクシス・グーレ。

  • 完璧な週末!スパ・フランコルシャンではアレッサンドロ・ギレッティに匹敵する者はいなかった(シューマッハー CLRT)。チャンピオンシップリーダーは、ポールポジション獲得、勝利、そしてレースでの2回のファステストラップ獲得によって、対戦相手に何も残さなかった。ジュニア ポルシェ モータースポーツ 2024 は、これまで以上に一般的な分類のトップに位置しています。
  • 1周目終了前にセーフティカーがコースイン。レ・コンブでブレーキをかけたマーロン・エルナンデス(マルティネ/フォレスティア・レーシング)は、ルイ・ルセ(マルティネ/フォレスティア・レーシング)とジェローム・ブーレリー(レーシング・テクノロジー)に真ん中に捕らえられたことに気づいた。 3人が接触し、ルイ・ルセがコーナー中央でスピン。プロトンの最後尾ではジョーダン・ボアソン(TFTレーシング)が彼を避けられず、正面衝突した。マーロン・ヘルナンデスとマルク・ギヨ(ABM)同様、両者とも衝突に巻き込まれてリタイアした。
  • 再スタートで、アレッサンドロ・ギレッティは即座に挽回不可能なギャップを広げた。ポール・コオーペ(CLRTシューマッハ)はディラン・ペ​​レイラ(マルティネット・バイ・アルメラス)をしばらく抑え込んだが、2022年ポルシェ・スーパーカップ・チャンピオンに屈した。ベンジャミン・パケ(TFTレーシング)、フロリアン・ラトーレ(ABM)、マティス・ジョベール(マルティネット・バイ・アルメラス)からのプレッシャーを受けながらも、ルーキーは一度もミスを犯さなかった。
  • チェッカーフラッグまであと数周というところで、ディラン・ペ​​レイラがパンクに見舞われリタイアを余儀なくされた。ルクセンブルクは3年連続の表彰台を逃しつつあった。これによりポール・コオーペが2024位となり、XNUMX年ジュニアPCCFで初めて総合トップXNUMX入りを果たし、ルーキーとして新たな勝利を収めた。
  • チェッカーフラッグ下の77位だったベンジャミン・パケ(TFTレーシング)は、トラックリミットを守らなかったために2023秒のペナルティを受け、XNUMX位に後退した。マティス・ジョベールがボックスの最後の段に登った。ジュニアPCCF XNUMXではXNUMX位のフロリアン・ラトーレとXNUMX万XNUMX千分のXNUMXの差があったため、この順位は写真判定で決定した。
  • ルーキー勢では、優勝したポール・コオーペに次ぐマーカス・アマンド(シューマッハCLRT)がトップ5スクラッチに好カムバックを果たした。週末を通して苦戦したヴィクトル・ベルニエ(マルティネット・バイ・アルメラス)はXNUMX位に終わった。
  • ジェローム・ブーレリーがプロアマで再び優勝!レース開始時に数回の接触があったが、ダブルタイトル保持者のこのカテゴリーでの優勝を妨げるものではなかった。レーシングテクノロジーのドライバーは、ライバルのマルク・ギヨがリタイアして以来、チャンピオンシップでリードを保っている。セバスチャン・ポワソン(ABM)が2位となった。
  • Amsでのシリル・カイロの新たな成功。レーシングテクノロジーのレジデントは、ジャン・フィリップ・ガンバロ(シューマッハCLRT)とエリック・ドゥバール(デバード・オートモビルズ・バイ・ラセティビティ)を上回っている。

レース2の分類: 

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く