PCCF – スパ・フランコルシャン:ペローが初表彰台の地に帰ってくる

2022年、ルイ・ペローはスパ・フランコルシャンでカップフランス初のトロフィーを獲得し、C2でXNUMX位となった。今週末、彼は再び同じことをするという野心を抱いてベルギーのアルデンヌに戻ります。

公開 21/06/2024 à 20:05

アレクサンドル・エルバン

0 コメントを見る)

PCCF – スパ・フランコルシャン:ペローが初表彰台の地に帰ってくる

ルイ・ペローは今週金曜日のスパですでに攻撃を開始していた。 ©アレクシス・グーレ。

2022 年間で、パイロットとしてのルイ ペローの人生は大きく変わりました。 2024年のTFTレーシングのルーキーは、XNUMX年シーズンの有力選手の一人となった。 ポルシェ カレラカップフランス。 CLRTの色彩の下で シューマッハー、元シムレーサーは、バルセロナでの1度の表彰台と、レースXNUMXでの転落後のポール・リカールでの非常に良いカムバックという、シーズンの好調なスタートで証明されているように、新たなマイルストーンに到達しました。 

2022年、TFTレーシングに所属したルイ・ペローはC2でXNUMX位となった。 ©アレクシス・グーレ。

スパ・フランコルシャン・サーキットに戻ると、トゥールーズの住人はとても満足しています。 ここは私にとって非常に快適で、レースが常にうまくいっているサーキットです。 » 無料テストの初日の終わりに « 満足のいく ”と彼は独り言を言いました。 資格を得るのに十分な自信がある。 » 

雨の不確実性

今週土曜日、スパ・フランコルシャン上空の天気は非常に不安定です。にわか雨は確実に訪れるでしょうが、いつになるのでしょうか? 「 選ぶなら予選に入ったほうがいいとルイ・ペローは笑う。 ドライレースはもっと楽しい。あとは雨が降らなければ良いですね。 » 

状況に関係なく、CLRT シューマッハの居住者は少なくとも「 3位。勝つのは難しいかもしれないが、何でも可能だ。いずれにせよ、XNUMX位以内に入らないのは良いパフォーマンスではない。 » 2022年に初表彰台を獲得した後、 アルデンヌの滑り台 初勝利の地となるだろうか。 

こちらもお読みください > アジアとスーパーカップを経て、ギレッティがフランスカップに復帰

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く