フェルスタッペンがトップ、周は最下位…グリッド上のドライバーの平均順位は?

F1世界選手権のXNUMXラウンドを終えて、どのドライバーが予選で最高の成績を収めたのか、そして彼らから私たちはどのような教訓を学べるでしょうか?

公開 17/06/2024 à 13:56

ヤニス・デュバル

1 コメントを見る)

フェルスタッペンがトップ、周は最下位…グリッド上のドライバーの平均順位は?

予選に関してはフェルスタッペンが頂点に君臨する。 ©DPPI

シーズン半ばが近づき、予選でのドライバーたちのさまざまなパフォーマンスを評価する時期が来た(このランキングにはスプリント予選は含まれていない)。

フェルスタッペンはずっと前にいる

20 度の世界​​チャンピオンは予選で全員を圧倒します。 RBXNUMXも手の届くところにあるようですが、 フェラーリメルセデス レースでは予選の傾向が異なります。 9つの資格の中で、 マックスVerstappen 6回のポールポジションを獲得した。モナコでの彼のパフォーマンス(XNUMX番グリッド)は、たとえグリッド上の他のドライバー全員より明らかに優れていたとしても、彼の平均を少し汚すことになる。

ポケットチーフに入ったフェラーリとマクラーレン

グランプリのコース上で見られるように、ドライバーは マクラーレン フェラーリとは数十分の 1000 分の 1 以内にあります。この傾向は、スターティンググリッド上の平均順位を見ても明らかです。 ランドー・ノリス ほんの少し前に チャールズレクレック。モナコの選手がカナダで11位になったからといって、必ずしも彼の仕事が楽になったわけではない...

角田、残り最高

彼の数々のレースパフォーマンスのおかげでそれはすでにわかっていましたが、予選でもさえ 角田裕毅 トップ5チームを除くすべてのドライバーを独占(除く) ランス散歩)。 10.22は日本人のグリッド上の平均順位です。対照的に、ダニエル・リカルドの平均順位は 12,56 です。

周はクラスで最後に出席

劣等生の帽子、つまりクラスの劣等生の帽子を被らなければならない人がいたはずだ。そしてこの価格になるのは、 周冠宇 平均順位は 18,56 でした。実際、この中国人ドライバーは常にQ1(グランプリ予選中)で敗退し続けている唯一のドライバーである。

パイロットの平均位置 予選中 :

こちらもお読みください > 予選対決:カナダGP後、チームメイトを圧倒するのは誰?

1 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

F1
こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

1 コメント

イヴ・アンリ・ランディエ

16 年 06 月 2024 日午前 05 時 08 分

周は演習では最後だったが、ザウバーステーキックのハンドルを握っていた…しかし、この分野で唯一の中国人であり、中国が世界をリードする自動車市場である2025年にも彼がまだ存在するのに役立つ可能性がある!

1

レビューを書く