L 'Alpine A524、最初の開発のおかげで鈴鹿で体制を開始

ブルーノ・ファミン、メインチームディレクター Alpineは、A524の重量を軽減するための第一歩として、日本グランプリに向けた最初の開発を導入することを確認した。

公開 02/04/2024 à 15:15

ドリアン・グランジェ

1 コメントを見る)

L 'Alpine A524、最初の開発のおかげで鈴鹿で体制を開始

©エリック・アロンソ/DPPI

鈴鹿では、 Alpine は、シーズン開始以来使用されてきたBWTピンクのカラーリングを放棄し、象徴的なブルーに戻ります。希望をもたらす青? A arrow は、パフォーマンスの面で悲惨なチャンピオンシップのスタートとなった後、新たな一歩を踏み出すことを目的として、いくつかの(小さな)新機能を備えて日本に登場します。 A524 は生まれつきの悪い車であるため、フランス一族にとって待望の最初の開発でした...

「速くて流れる鈴鹿サーキットでレースができることを楽しみにしています。 2024 年の開発計画に従って、A524 の最初の開発を導入するのに間に合うと、チーム代表のブルーノ・ファミンは説明します。Alpine。重要ではありませんが、可能性を評価し、パッケージに対する理解を継続的に向上させるために、これらの項目をできるだけ早く追加することが重要です。これらの開発は主に、新しいフロントウイングと軽量化の第一段階に関係しています。 »

« パフォーマンスを向上させるために全力を尽くします。」

L 'Alpine 実際、A524 はフランスのチームがすでに知っている複数の問題を抱えています。 シングルシーター 過大な空気抵抗と十分な空力ダウンフォースが発生しない重量超過、ランダムな挙動…要するに、フランス車が上位に上がるためには多くのことを見直す(そして修正する!)必要があるということです。 Alpine メルボルンでは満足のいく理由がいくつかあり、第2四半期で初通過を果たした後、日本でのスタートを期待している。 エステバンオコン.

「オーストラリアでは、これまでのラウンドよりもポイント圏内で戦うことができた。とはいえ、トラックの状況と詳細がパフォーマンスの向上よりも重要な役割を果たしたことは間違いありません。、ブルーノ・ファミンは付け加えた。そして私たちは目標からはまだ遠いです。私たちは工場やコース上で物事を正しく行い、プロセスと車両を改善することに意欲を持っています。私たちはあらゆる分野でパフォーマンスを向上させるために全力を尽くして戦わなければなりません。 »

3度のグランプリを経て、 Alpine はまだポイントカウンターのロックを解除していませんが、これは「厩舎」にとっては2016年以来初めてです。 エンストーン 」。オーストラリアでは、ブルーズはエステバン・オコンにQ2初出場権を獲得するチャンスを掴んだが、フランス人選手のブレーキダクトに破れが詰まり全滅した…。 「週末を通じてクルマのパフォーマンスが向上し、周囲のチームに近づくという有望な兆しがあった。 エステバン・オコン氏は強調する。しかし、チャンスを逃したように感じました。リアブレーキのプラスチックを取り除くための追加のピットストップがなければ、ポイント獲得の可能性があったからです。 »

こちらもお読みください > ハースでは日本の第一セクターのエッセの恐怖

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

1 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

1 コメント

イヴ・アンリ・ランディエ

02 年 04 月 2024 日午前 07 時 58 分

青いカラーリングは希望をもたらします。なぜなら…青いカラーリングよりも軽いからです🧐?

1

レビューを書く