フォードとパイクスピークでのロマン・デュマ:「バンよりも速く行きたい」

2018年以来、史上初めて8分を切るタイムでパイクスピーク記録を保持しているアレシアンは、23月9日に雲に向かって46回目のレースに出場する。昨年の電動フォード・トランジット・スーパーバンに続き、150歳の何でも屋は今度はさらに過激なフォードF-XNUMXライトニング・スーパートラックを操縦することになる。

公開 12/06/2024 à 15:39

ロイック・ロッシ

0 コメントを見る)

フォードとパイクスピークでのロマン・デュマ:「バンよりも速く行きたい」

©フォード

新しいフレームを見つけたときは驚きましたか?

(彼は笑う。) ああ、そうだ、それは期待していなかった!その後、人々はバンが到着したのを見て、バンだと思って笑いましたが、実際に動いてみると、明らかに非常に驚きました。

巨大な機械ですね。

問題は、このピックアップがトランジットよりもさらに長いことです。彼の身長は6メートルです!フロントアクスルがヘアピンから出るとリアは存在しない

ロイック・ロッシ

過去、現在、未来を専門とするジャーナリストで、南部のアクセントが特徴です

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 最大 -50% 割引!
  • 無制限のプレミアム記事
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • AUTOhebdo アプリで 2012 年以降のすべての号にアクセス
オートヘブド 2467

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く