ウィリー・コリニョン:「モータースポーツは多くの犠牲を意味する」

ヨーロッパ全土で数多くの WRC で成功を収めたファースト モータースポーツ ラリー チームの創設者であり、現在は AGS Formula 1 チームのディレクターである当社のドライバーが、母国ベルギーからの勇気ある旅を熱く語ります。

公開 30/06/2024 à 13:00

フレデリック・ルーヴィエ

0 コメントを見る)

ウィリー・コリニョン:「モータースポーツは多くの犠牲を意味する」

© フレッド・ルーヴィエ

こんにちはウィリー、ベルギー人です。 ラリー そして気が付くとリュック・サーキットでこんなことをしていた 1式、 どのように我々はそこに着くん?

やあ、とても長い話なのでどこから始めればいいのかわかりません!

それでは、時間を遡って、どのようにしてモータースポーツに興味を持ったのか教えてください。

私の父と祖父は本物の愛好家で、自らもレースに参加し、好成績を収めていました。彼らはまた、テレビで大きなイベントをフォローし、私の父は最終的にアンデンヌ近くで集会を組織しました(ベルギー。編集者注)私たちが住んでいた場所。 6輪ティレルでゾルダーのグランプリを見に行ったのを覚えています。幼い頃からそればかり考えてきました。

何に?パイロットになるには?

はい、カートに乗り始めています。両親は反対していませんが、必要なお金を見つけるのは私次第です。バルク: " カートに行きたいなら、そのお金を稼ぐために働いてください。 」。ブルークラスでスタートするために雑務をこなしているのですが、背が高くて重いのでサイズが合いません。ラリーが多い地域なので、すぐにロードイベントに移行しました。私は分野を問わず、モータースポーツに本当に情熱を持っています。

あなたは自動車の勉強をしています。

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 最大 -50% 割引!
  • 無制限のプレミアム記事
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • AUTOhebdo アプリで 2012 年以降のすべての号にアクセス
オートヘブド 2467

0 コメントを見る)