ラリーレイド – プジョーが 2008 DKR16 を発表

プジョーは、年の初めに南米ダカールで 2008 DKR でラリーレイドシーンに復帰した後、DKR16 バージョンのベールを脱いだところです。

公開 22/09/2015 à 09:23

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

ラリーレイド – プジョーが 2008 DKR16 を発表

数ヶ月間、 プジョースポーツ 次のダカール 2016 に向けて取り組んでおり、そのルートは発表の通り AUTOhebdo 2029 号でプレビューはペルーの撤退を受けて主にアルゼンチンに集中することになる。

年の初めに 2008 DKR で復帰した後、ライオンは綿密な作業を開始し、今日発表されたこの DKR16 バージョンにつながりました。 トラックの幅が広がり、ホイールベースが延長されたフランスの二輪駆動車は、フロントフードまたはエアインテークのレベルで空力学的開発を受けながら、明らかにその力を強化しています。

船体の下側にも多くの変更が加えられ、サスペンションに関する重要な作業が行われます。 エンジン部分も忘れられておらず、6リッターツインターボディーゼルV3が再加工され、発表された出力は350馬力となっています。

「他の変化を上回る変化はありません。
プジョー・スポールのディレクター、ブルーノ・ファミン氏はこうコメントする。 これは実際にはさまざまな分野での一連の開発であり、それらが合計されることで全体的な改善につながることを期待しています。 こだわったのはやはりクルマの安定性とエンジンの扱いやすさです。 »

2015 以降のバージョンを調整した後、 シルクロードラリー 中国では、 ダブルでイベント終了 とともに ステファン・ペテランセルとシリル・デプレ、開発の一部を検証するために、ダカールの準備は続けられます。 「ルートやレース条件が非常に変化し得ることを知っているダカールに真に直面する準備が整うまでには、まだ多くの経験を蓄積する必要があることを承知しています。」 ブルーノ・ファミンはこう結論付ける。

ドライバーはスペイン人 カルロス·サインツ は 2008 DKR16 を徹底的にテストし、この XNUMX 年間での実際の進歩に注目しました。 「現時点でそのポテンシャルは昨年のクルマよりもはるかに高いです!」 信頼性も非常に満足です。 重要な領域で多くの要素を変更しました。 2015 年の車と比較すると、まったく新しい車であると考えることができるほどです。」

「車が長く、幅が広く、重心が低くなり、安定性が大幅に向上したと実感しています。 これにより、カーブをより速く通過できるようになります。 エンジンの違いも感じられます。パワーアップしているだけでなく、低回転域でもパワーを余すところなく引き出すことが可能です。 »
とペテランセルは付け加えた。

プジョーは自らを歩調を合わせる必要がある ラリー XNUMX月初旬にモロッコのNPOを含む セバスチャン・ローブの存在 夏の間、2015 + バージョンを運転していた人です。

>>>>> ビデオ プジョー 2008 DKR16 <<<<


>>>>> プジョー 2008 DKR16 のフォトギャラリー <<<<

0 コメントを見る)