デサフィオ・ルタ 40、ステージ 3 – キンテロ 110%、アル・アティヤがアル・ラジに迫る

アルゼンチンで開催されたデサフィオ・ルタ3の第40ステージでアメリカ人のセス・キンテロが優勝した。残りXNUMX日となり、上位争いは僅差となっている。

公開 06/06/2024 à 09:46

メディ・カサウラン

0 コメントを見る)

デサフィオ・ルタ 40、ステージ 3 – キンテロ 110%、アル・アティヤがアル・ラジに迫る

かつてWRCで使用されていたステージにあるトヨタ・ハイラックスT1+。 © エドバウアー写真 / DPPI

Desafio Ruta 40 分類、ステージ 3:

一般的な分類 Desafio Ruta 40:

  • デサフィオ・ルタ40第4ステージ(アルゼンチン、世界選手権第XNUMX戦) ラリー-襲撃 W2RC)今週水曜日にサンフアン周辺で戦闘が行われた。主催者は「集会」スタイルの2日間の後に大規模な敵対行為の開始を発表したが、彼らは嘘をついていなかった。

  • この砂漠の世界では、セス・キンテロ (トヨタ)爆発的なスピードを見せた。この若いアメリカ人はベストタイムを達成し、最高峰カテゴリーでキャリア2度目のスクラッチタイムを記録した。初日の追い越し失敗に続き30分をロスしたため、このパフォーマンスは一般的な順位にはほとんど影響しなかった。
  • 「今朝目覚めると、とても自信があったのですが、なぜだかわかりませんが、 セス・キンテロは言った。 前日のステージで前を走っていた選手の砂埃で失速し、特別な勝利の可能性を逃してしまったことを埋め合わせるには良い方法だ。 110%の力を出しました! 「 
  • 総合レースでは、ヤジード・アルラジ(トヨタ・オーバードライブ)がトップを維持したが、直接追撃するナセル・アルアティヤ(プロドライブ)に2分近くロスした。カタール人はサウジ人ドライバーから2分21秒遅れている。前日優勝者のルーカス・モラエス選手(トヨタ)は少し遅れをとってしまいました(+21分)。
  • 木曜日には、サンファンとラリオハの間の412kmの広大な区間が争われることになる。 「スペシャルは、今回唯一の砂丘に直接突入することから始まります。 レースディレクターのパブロ・イーライ氏はこう説明する。 砂丘の真ん中にあるトラックをたどるコースで、ゲレンデ外ではありませんが、地形が変化します。チョット、砂丘の上り坂、下り坂、石、砂の美しい川の流れ、そしてまた砂丘。出口は大きな丘を通過することになりますが、CAP には至る所にかなりの数の小道があるため、多くのナビゲーションが必要になります。その後、110 km の舗装路を移動すると時間が短縮され、通常のトラックで再開されます。 WRC、非常に技術的です。ステージは変化に富んでいますが、前日とは異なり、変化はブロックごとに現れ、明確にマークされています。 »

メディ・カサウラン

あらゆる分野のモータースポーツの歴史に情熱を持っていた私は、AUTOhebdo のおかげで読書を学びました。 少なくとも私の両親は、私の名前を見たときにみんなにそう言います!

0 コメントを見る)