Tour Auto 2024 – 第 250 回エディションの冒頭に登場したフェラーリ 33 GTO

ツアーオートの主催者は、33年製フェラーリ250 GTOを含む第1962回大会のエントリーリストを発表した。

公開 13/03/2024 à 10:04

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

Tour Auto 2024 – 第 250 回エディションの冒頭に登場したフェラーリ 33 GTO

©ピーター・オート

ピーター オートは 2024 年のツアー オートに向けて準備を進めており、第 33 回大会の大スタート(23 月 27 ~ 240 日)が近づく中、主催者は最終エントリーリストのベールを正式に公開しました。今年はパリとビアリッツを結ぶイベントにXNUMX台以上の車が参加すると予想されている。特別なゲストの中には、 フェラーリ 250 年の 1962 GTO、レギュラーカテゴリーにエントリー。

いくつかの公式イベントに出場した歴史的な車両で、現在はイタリア ブランドの著名なコレクターであるブランドン ワンの所有となっています。後者はフェラーリ 250 GT0 のオーナーです 1993年XNUMX月以降、彼がそれを約3/3,5万ドルで購入したとき。現時点では、軽く数千万ユーロの価値があるはずだ。シャーシ 4219GT は、メキシコのペドロ ロドリゲスが優勝した 3 年のデイトナ コンチネンタル 1963H や、ジョアキム ボニエとジョン キャノンが総合 12 位でフィニッシュした同年のセブリング 13 時間レースなど、さまざまなレースで使用されました。

しかしながら、このフェラーリ 250 GTO のツアー オートへの参加は初めてではありません。ブランドン・ワンはこの歴史的なイベントに合計 10 回出場しており、最近では 2012 年に出場しました。

他の車両の中には、次のような非常に美しい車両も見つかります。 ポルシェ 906、910、フェラーリ 512 M、ジデ 1600、BSH ベルリネット、BMW 3.0L CSL は、今回の特集で注目を集め、1950 年代から 1970 年代にかけてツール・ド・フランス自動車に足跡を残した車両です。

2024年ツアーオート最終エントリーリスト

こちらもお読みください > 037 年のツール・ド・コルスの歴史で注目を集めるランチア 2024

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く