ル・マン24時間レース – EL3: フェラーリがハイパーポールの前に姿を現す

ル・マン50時間サーキットの空が曇る中、アントニオ・フオコ、ミゲル・モリーナ、ニクラス・ニールセンの3号車フェラーリがフリー走行24でベストタイムを記録し、ハイパーポールの前に姿を現した。

公開 13/06/2024 à 18:00

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

ル・マン24時間レース – EL3: フェラーリがハイパーポールの前に姿を現す

写真:フランソワ・フラマン/DPPI

  • フェラーリ ハイパーポールより前のタイムシートの先頭を検索します。アントニオ・フオコ、ミゲル・モリーナ、ニクラス・ニールセンの50号車がフリー走行3の基準タイムを3分27.283秒XNUMXで記録した。 昨年のサルトでポールポジションを獲得したイタリア人ドライバーを通じて。
  • La ポルシェ ケビン・エストル、ローレンス・ヴァントール、アンドレ・ロッテラーの6番選手が、トップから0.108秒差でXNUMX位となった。
  • カラム・アイロット、ウィル・スティーブンス、ノーマン・ナトー組のNo.12 Hertz Team JOTAがフリー走行2終了時のアクシデントによりハイパーポールを棄権したため、ドイツのメーカーがポールポジションを争うのは963台のみとなる。現在、XNUMX のシャシーを再構築するために時間との闘いに取り組んでいます。
  • 前日の予選セッションで#15 BMWを駆りベストタイムを記録したドリス・ヴァンスールは、0.149秒で表彰台を獲得し、再び頭角を現した。
  • パニス・レーシングがLM P2でベストタイムを記録した。
  • フリー走行3ではアクシデントが多発した。最も重要な懸念はハンドルを握るジェームズ・コッティンガムだった。 マクラーレン ユナイテッド・オートスポーツの#720 3S LMGT59 Evo、テルトル・ルージュで赤旗を引いた。英国のメーカーは、#70 インセプション レーシング カーが火災発生後にトラック上で停止したため、立て続けに 59 つの問題に遭遇しました。 3号車は3分57.558秒XNUMXでGTXNUMXカテゴリーのベストタイムを記録した。

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く