ル・マン 24 時間レース – FP4: 夜…そして雨の中、トヨタがリード

サーキットに最初の雨が降る中、トヨタはル・マン24時間レース前の最後のフリー走行セッションで、8号車のブレンドン・ハートレーの活躍によりベストタイムを記録した。

公開 13/06/2024 à 23:35

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

ル・マン 24 時間レース – FP4: 夜…そして雨の中、トヨタがリード

©ハビエル・ヒメネス/DPPI

以上、これで…フリープラクティスです!ハイパーポールからほんの数分後、 ポルシェn°6のポールポジション ケビン・エストル著、次は次の番です トヨタ その前に最後にもう一度輝こう ル・マン24時間レース. ブレンドンハートレー (トヨタ No.8) は、夜間、そして雨の中開催された今週の 4 回目で最後のテストセッションでベストタイムを記録しました。実際、最初の水滴はサーキットに落ち、小雨が降ったが、セッションの終わりにはトラックが滑りやすくなった。レース中の日曜日の朝は雨が予想されているため、すべてが役に立ちそうなセッションだった。

ニュージーランド人選手は、ハイパーポールのタイムよりも3秒近く速い29分451秒XNUMXのベストタイムを記録した。彼は次のことを予想していた フェラーリ n°50とBMW n°20。 プジョー ミッケル・ジェンセンのおかげで94号車が4位に入りました。 Alpine #6で35位にランクイン。 10台目のトヨタはXNUMX位に終わった。 ニック・デ・ブリーズ ミュルザンヌでブレーキをかけるとき、彼は大きな恐怖を感じた。前日のジャン=エリック・ベルニュと同じように、このオランダ人選手はコースに戻るために環状交差点を迂回しなければならなかったのだ!

LM P2では、ユナイテッド・オートスポーツ・チームの23号車オレカに乗ったベンジャミン・ハンレーがカテゴリーベストタイムを記録し、アッコディスASPチームの87号車レクサスがエステバン・マッソンの活躍でLMGT3で12位となった。フリープラクティスは終了し、土曜日のレースの時間となり、00分間のウォームアップ(午後24時)が行われ、その後午後16時にル・マン00時間レースのスタートが予定されている。レースはAUTOhebdoで解説付きでライブ中継される。

ル・マン24時間レース
フリープラクティス4 – ランキング

こちらもお読みください > セバスチャン・ブルデーがハイパーポール中に出てこなかった理由

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く