ル・マン24時間レース – 予選:ヴァンスールがBMWを首位に、トヨタはハイパーポールに浮上せず

ドリス・ヴァンスール選手はBMW 15号車で予選ベストタイムを記録し、以下のXNUMXメーカーが参加しました。 Alpine - ハイパーポールでトップ8に車を入れることができました。トヨタにとっては、GR010がハイパーポールの対象にならなかったのは非常に残念だ。

公開 12/06/2024 à 20:03

ドリアン・グランジェ

1 コメントを見る)

ル・マン24時間レース – 予選:ヴァンスールがBMWを首位に、トヨタはハイパーポールに浮上せず

©フレデリック・ル・フロック/DPPI

こういった方々の資格は、 ル・マン24時間レース 2024 年には、すでにいくつかのサプライズが用意されています。このセッションでは、ハイパーポール(木曜、午後20時)への出場権を有する9名のクルーと、各カテゴリーの15位以降のグリッド上の順位が決定され、#3 BMWが24分465秒3のベストタイムを記録した。地元の英雄セバスチャンの XNUMX 号キャデラックを破ったドリス ヴァンスールの功績が認められるタイムです。 ブルデー。トップ3が完成するのは、 フェラーリ 50 年のポールポジションの作者、アントニオ フオコによる n°2023。

ハイパーポールの出場資格を獲得したトップ 8 には、少なくとも XNUMX つの異なるメーカーが含まれています。素敵な驚き Alpine ポール・ルー・シャティンが運転する35号車が4回目のタイムを奪い、A424が最終段階への出場権を獲得して以来だ。そこには トヨタ 番号 7 の 小林カムイ 4回目のタイムを握ったが、日本人はセッション終了時に赤旗を引き起こし、すべてのタイムが取り消された。したがって、彼女は先週の土曜日に出発する予定です。 8号車トヨタも敗退し、11番手スタートとなる。

51 台目の公式フェラーリ、アレッサンドロ・ピエル・グイディの 2 号車も、XNUMX 台目の公式キャデラック、アレックス・リンの XNUMX 号車と同様に、ハイパーポールへの出場資格を持っています。一方で、クラン内では大きな失望が ポルシェ : 第 92 回ル・マン 24 時間レースの優勝候補として発表されたこのドイツのメーカーは、ハイパーポールに 963 を 6 台だけ投入しました。セッション終盤にランボルギーニ7号車を避けようとして大きな恐怖を感じたにもかかわらず、なんとか63位に食い込んだのは7号車ポルシェのケビン・エストレだった。 12号車トヨタの格下げのおかげで、8号車Hertz Team JOTAがトップXNUMXに入り、ハイパーポールへの出場権を獲得した。

フランス側では2番目 Alpine、番号36の ニコラス・ラピエール、これらの資格において9回目の達成を達成しました。ただし、より複雑なセッションは、 プジョー順位表の後半でフィニッシュしたのは、9X8の93番ジャンエリック・ベルニュ選手が15回目のタイムを記録し、94番ストフェル・バンドーン選手が20位でフィニッシュした。

COOL RacingがLM P2をリード

中級カテゴリーではマルテ・ヤコブセン(COOL Racing n°37)が注目を集めた。この若いデンマーク人は、セッション終了14分時点でスイスのルイ・デレトラズ選手(AO by TF Sport n°28)からベストタイムを奪いました。赤旗が出るまで順位は変わらなかった。

ルイ・デレトラズは、2位のベン・ハンリー(ユナイテッド・オートスポーツUSA)を楽々と上回り、LM P3プロアマクラスのヒエラルキーの最初のドライバーになったことで自分を慰めている。マティアス・ベシェ (パニス・レーシング n°65) は 4 位ですが、すでに 1 秒ちょうどの差をつけられています。ジョブ・ファン・ウイテルトがドライブする28号車IDECスポーツは、ベテランのパトリック・ピレがドライブする10号車ベクター・スポーツと同様にハイパーポールを通過した。一方、ディフェンスチームであるユーロポール国際大会では11位に留まり、残念な結果となった。

フォードがLMGT3で驚きを生み出す

LMGT3では、プロトン・コンペティションの77台のフォード・マスタングのうちの3台がベストタイムを記録した素晴らしいサプライズだった。このパフォーマンスは、驚くべきことにタイムシートを独占した55号車ベンジャミン・バーカードライバーの功績です。ライアン・ハードウィックとザカリー・ロビションのチームメイトは263分77秒XNUMXを記録し、ドイツチームはイモラに続き今シーズンXNUMX度目のハイパーポール出場となり、XNUMX号車にとっては初出場となった。

その後ろでは6メーカーが追走する大混戦が繰り広げられました。順番に、 マクラーレン、コルベット、ランボルギーニ、ポルシェ、 アストンマーチン 2位から7位はフェラーリが占めた。アストンマーティンは、D'Station Racing の Vantage AMR GT3 No.777 のおかげで、ハイパーポールに XNUMX 度出場した唯一のチームです。

昨年9月のスパでポールポジションを守り続けたアイアン・デイムズが早々に敗退したのは、ちょっとした驚きだった。いつものサラ・ボビーの代わりにステアリングを握ったミシェル・ガッティングは1位に終わり、最初のマシンが敗退したことを意味する。 FP10で首位に立った後、アッコディスASPにも失望した。今回、エステバン・マッソンはXNUMX位を超えられなかった。

ル・マン24時間レース – 予選
ハイパーカー

LM P2

LMGT3

こちらもお読みください > 24年ル・マン2024時間レースの完全なプログラム

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

1 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

1 コメント

13 年 06 月 2024 日午前 12 時 51 分

GT3 では、WEC の他のラウンドとは異なり、ル・マン 24 時間レースの特別レギュレーションにより、プラチナまたはゴールドのドライバーも予選に参加できます。したがって、ランボルギーニ・アイアン・デイムのハンドルを握るミシェル・ガッティングの存在は驚くことではありません。しかし、予選終了時の彼女の9位とスパでのサラ・ボビーのポールポジションを比較するのは驚くべきことのように思える。なぜなら、それは文脈(規制)から外れているからである。 「ちょっとした驚き」や「失望」があると、ハイパーポールを30万分の30逃してしまうことになります。ル・マン・サーキットのスケールでは 9 分の XNUMX 秒です…それでも、この XNUMX 位は、アイアン・デイムズ・ドライバーの注目に値するパフォーマンスを示しています。これを確信するには、必要に応じて、ラップタイムの詳細と彼女の周りのドライバーの名前を見てください。

レビューを書く