ACO記者会見で覚えておくべきこと

カレンダー、メーカーごとに 24 台の車…オートヘブドは、ル・マン XNUMX 時間レースの開始前夜に行われた伝統的な ACO 記者会見からのすべての発表を(再)まとめています。

公開 14/06/2024 à 12:32

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

ACO記者会見で覚えておくべきこと

© ジュリアン・デルフォス / DPPI

2025年のカレンダーが正式に発表されたが、新しいニュースはなかった

ACOはピエール・フィヨンを通じて、2025年シーズンの次期カレンダーを発表した。 WEC。予想通り、同じ8ラウンドで同じ順序で構成されているため、大きな変更はありません。

2025年のWECカレンダーが発表、特筆すべき変更なし

各メーカーごとに 2 台の車

それは世界選手権のパドックでは公然の秘密だった。耐久性 FIAの発表により、今週金曜日の朝から正式に発表された:各マニュファクチャラーが世界選手権に参加耐久性 来シーズン、FIAのハイパーカー部門には最低2台のマシンがエントリーする必要がある。

2025年以降のWECでは各メーカー最低XNUMX台のマシンが参加

LMP2がル・マン24時間レースまで延長

オレカ07ファンは大喜び、 24時間のルマン あと数年。 ACOは、サルトでのみ表示されるLMP2カテゴリーのリニューアルを発表しました。 WEC 今年から。

ル・マン2時間レースにおけるLMP24の存在感が拡大

アストンマーティン、2台のヴァルキリーを発表

英国のメーカーは当初、バルキリーの単一のLMHバージョンをFIA世界耐久選手権にエントリーし、もう1台をFIA世界耐久選手権にエントリーすることを計画していました。 IMSA。ゲイドン社(イギリス)は、チャンピオンシップの発表の際に、直ちに努力を倍増させたいという意向を公式に表明した。

アストンマーティン、2025年のWECにXNUMX台のLMHを投入することを確認

2028年のル・マンで水素が確認される

ACOは、水素カテゴリーを創設することを目的として、24年にMissionH2018プロジェクトを立ち上げた。 24時間のルマン、ソフトな可動性を促進するために。当初は水素を動力源とする燃料電池でしたが、今回は通常の燃料よりも「クリーン」な液体水素で動作する熱エンジンとなります。

24 年のル・マン 2028 時間レースでの水素

WECとIMSAにおけるハイパーカーの公認が2029年まで延長

LMHは6年のスパ・フランコルシャン2021時間レース中にデビューし、LMDhはXNUMX年にデビューした。 IMSA 24年のデイトナ2023時間レース中に、ACOはスポーツ性と経済的安定を保証するために、これらの車両の公認サイクルが2029年まで延長されたことを確認した。

WECとIMSAにおけるハイパーカーの公認が2029年まで延長

こちらもお読みください > 24年ル・マン2024時間レースのスターティンググリッド

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く