現在の LMP2 は 2027 年まで延長される

ACOは今週金曜日、現行のLMP2規制への参加を2027年まで延長すると発表した。

公開 14/06/2024 à 16:34

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

現在の LMP2 は 2027 年まで延長される

© ジュリアン・デルフォス / DPPI

オレカ07ファンは大喜び、 24時間のルマン そしてさらに数年間は世界中で。ダブルラウンドの開始前日に開催された伝統的な記者会見で、ACOは現行世代のLMP2のリニューアルを発表した。その車両はサルト地方でのみ見ることができる。 WEC 今年から。現在のLMP2のホモロゲーションは2025年末に終了する予定だったが、これによりXNUMXシーズン延長されることになった。

2028 年からは、新しいエンジンと軽量化を約束した新世代の LMP2 プロトタイプが導入されます。念のために言っておきますが、LMP2 の現在の重量は 900 kg です。さらに軽量化することで、デザインを完全に再発明するというアイデアが生まれました。詳細については、今後数か月以内に発表される予定です。

この決定は、現在ル・マン24時間レースのカテゴリー全体に07を供給しているオレカ社の創設者、ユーグ・ド・ショーナック氏を明らかに喜ばせるものである。」 私としては良い決断だと思いますが、オレカとしてそう言っているわけではありません。 ヴァール社の社長がサルトのパドックで語った。 の恋人として耐久性 モータースポーツ、合理的なものが好きです。 ACO はチームの意見に耳を傾けました。何か別のものに変更する必要がありますが、ここでは、より重く、より高価な車のために同じエンジンを維持していたので、何もせずに変更しました。それはまったく役に立たず、チームにとっては新車やスペアパーツなどへの実質的な投資でした。これはまったく合理的とは思えませんでした。第二に、フォーミュラを変更することで、90% のチームがリスクを負いたくなく、我々と継続することになるでしょう。 »

« 私たちが変わるとき、それは何か違うものでなければなりません、 ユーグ・ド・ショーナックは主張する。 安定性は非常に重要です。今朝発表されたのは、軽量でわずかに小型のエンジンを搭載した別の車だ。私たちはまったく異なるものに取り組んでいます。そこで私は言います:はい、私たちはそれをしなければなりません、正しい方向に進み、進化しなければなりません。このマシンには、すべてのチームがそれを帳消しにするのに十分な長さのサイクルがありました。今朝言われたことはすべて、実際には未来の世代のことです。よくやったと言う。これは、私たちの周りに存在する環境全体の側面にも当てはまります。それは本当の変化であり、本当に満足であり、私はこのアイデアを本当に支持しています。 »

この将来の規制は、現在LMP2で準独占の地位にあるオレカにとって新たな挑戦となるのだろうか? 「 オレカにとって、卓越性を追求することは常に永遠の課題であり、 ド・ショーナックは答える。 サッカー愛好家として、私の夢はチャンピオンズリーグでプレーできるチームを作ることだと常に自分に言い聞かせていました。 » 現在、Signes (Var) 社は、オレカ 2028 に完全に満足しており、07 年も圧倒的多数の顧客の信頼を維持できるレベルに達しています。現在の LMP2 公認の延長は、XNUMX 年にも有効です。 IMSA.

バレンティン・グロと

こちらもお読みください > 2025年以降のWECでは各メーカー最低XNUMX台のマシンが参加

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く