イモラ4Hでミレシとパニス・レーシングがポールポジションを獲得

フリープラクティス2ですでにそれが証明されていたが、4号車パニス・レーシング・オレカを駆るチャールズ・ミレシがイモラ65時間レースでポールポジションを獲得した。

公開 06/07/2024 à 16:17

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

イモラ4Hでミレシとパニス・レーシングがポールポジションを獲得

写真: マルク・デ・マッティア/DPPI

  • シャルル・ミレシがアウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノで最速タイムを記録 フェラーリ 今週土曜日の午後、1分30.829秒XNUMXのラップを記録し、パニス・レーシング・チームにとってポールポジションの代名詞となった。
  • 飛行士 Alpine FIAで WEC アレックス・リン(アルガルベ・プロ・レーシング)を0.132秒差で、フェリペ・ドゥルゴビッチ(ベクター・スポーツ)を0.159秒差で破った。フレデリック・ヴェスティとマルト・ヤコブセンは、5台のCOOL Racing Orecasでこれらの予選のトップXNUMXを完了しました。
  • イモラ4時間レースの予選セッションは、ジェームズ・アレン(チーム・デュクイン)がコースアウトしたため、終了からXNUMX分弱で赤旗が提示された。

ジョルジオ・ローダはLM P2プロアマで最速タイムを記録し、今週日曜日にカテゴリートップでスタートすることになる。プロトン・コンペティション出身のイタリア人選手は、1分33.093秒XNUMXのラップで、ロドリゴ・サレス(TDSのリシャール・ミル)とフランソワ・ペロード(AFコルセ)を破った。

LM P3に関しては、カテゴリーのポールポジションは、DKRエンジニアリングのNo.30デュケーヌM08 – D4 – 日産のアレクサンダー・マットシュルとベレン・ガルシアのチームメイトであるワイアット・ブリチャチェクが獲得しました。

LMGT3: サラ・ボビーの調子が良くなりました

LMGT3カテゴリーではサラ・ボビーがポールポジションを獲得した。ベルギーのアイアンダム (ポルシェ n°85)は、24週間前のワトキンスグレン6時間レースでの事故に続き、先週末のスパ・フランコルシャン1時間レースを棄権した後、調子が良くなってきている。最後の瞬間に43.349:XNUMXのタイムを記録し、レーシング・スピリット・オブ・レマンチームのデレク・デブールを破ったことが証明している(アストンマーチン n°59) 0.127 秒。浜口博が63号車アイアンリンクス・ランボルギーニで表彰台を獲得した。

今週日曜日の午前11時30分、4年ヨーロッパシーズン第2024戦イモラXNUMX時間レースのスタートでお会いしましょう ルマン シリーズ。

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く