パニス・レーシングがイモラ4時間レースで優勝

パニス・レーシングは今週日曜のイモラ4時間レースでシャルル・ミレシ、アルトゥール・ルクレール、マヌエル・マルドナドとともに優勝した。フランスチームにとってELMSでの優勝は2021年のモンツァに続きXNUMX度目となる。

公開 07/07/2024 à 15:36

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

パニス・レーシングがイモラ4時間レースで優勝

写真: マルク・デ・マッティア/DPPI

  • パニス レーシングはイタリアを愛しています! 2021年のモンツァで史上初の成功を収めた後、フランスチームは7年間待って勝利の喜びを再発見し、2024年4月XNUMX日日曜日のイモラXNUMX時間レースで勝利を収めた。元パイロットのチーム 1式 アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノで優勝 フェラーリ 彼のトリオ、シャルル・ミレシ、マヌエル・マルドナド、アルトゥール・ルクレールに感謝します。
  • ポールポジションからスタートしたトリコローレは、最後の14時間でレースのリードを取り戻し、ジョニー・エドガー、ロバート・クビサ、ルイ・デレトラズのTFによるXNUMX号車AOを抑えて優勝した。フェリペ・ドゥルゴビッチは最終ラップまでトム・ディルマン(インテルユーロポール)を抑え、ベクタースポーツとチームメイトのステファン・リチェルミとライアン・カレンに表彰台を譲った。
  • ポーランドチームは表彰台ギリギリでフィニッシュし、大きなポイントを節約した。カステレットでディルマン、セバスチャン・アルバレス、ウラジスラフ・ロムコが勝利しチャンピオンシップをリードしていた43号車オレカは、グリッド周回中のアクシデントによりピットレーンからのスタートを余儀なくされた。
  • LMGT3では熾烈な戦いの末、アイアンデイズが見事勝利を収めた。カテゴリー優勝を巡って、ミシェル・ガッティング(アイアン・デイムズ)、バレンティン・ハッセ=クロット(レーシング・スピリット・オブ・レマン)、ロルカン・ハナフィン(グリッド・モータースポーツ・バイ・TF)の間で最後の9時間の戦いは接戦となった。最後のフルコースイエローは、マセオ・カピエットがトラックサイドで3号車アイアンリンクス・プロトン・オレカを止めた終了からXNUMX分余りで発動された。 GTXNUMX のリーダー XNUMX 名は、レースの再開時に互いに衝突しました。
  • このデンマーク人は最後までフランス人選手に抵抗し、最終ラップではダニエル・セラ(ケッセル・レーシング)の超音速リターンを利用した。ブラジル人選手はプレッシャーをかけたアストンマーチン 最終ループでチームメイトの木村武志とエステバン・マッソンとともに3位でフィニッシュした。
  • LM P2プロアマ部門で圧倒的な強さを誇っていたジョルジオ・ローダ、レネ・ビンダー、ベント・ビスカール(プロトン・コンペティション)のトリオは、オランダ人選手がレース最後の20時間にコースアウトしたことですべてを失った。最終的にこのクラスを獲得したのは、クリトン・レントゥディス、リチャード・ブラッドリー、アレックス・クインのアルガルヴェ・プロ・レーシング番号XNUMXでした。
  • マシュー・ベルとアダム・アリは、#3 ユーロインターナショナル・リジェ JS P320 – 日産を駆り、LM P11 で優勝しました。
  • 次回の欧州会議 ルマン シリーズ、25月4日のスパ・フランコルシャンXNUMX時間レース。

イモラ 4 時間レース 2024 ランキング:

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く