セブリング12時間 – EL1:キャデラックがポルシェをXNUMX倍上回る

キャデラックスは、セブリング 12 時間レースの最初のフリー走行セッションで、01 号車が 31 号車を上回るワン・ツー・フィニッシュを決め、圧倒的な勝利を収めました。ポルシェはこれらのEL1で表彰台を獲得しました。

公開 14/03/2024 à 16:38

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

セブリング12時間 – EL1:キャデラックがポルシェをXNUMX倍上回る

セブリングのフリー走行 01 で No.1 キャデラックがベストタイムを記録 - 写真: @MichelinRaceUSA

  • 第72回セブリング12時間レースは今週木曜日、14月1日のフリー走行XNUMXで開幕した。
  • 01台のキャデラックVシリーズ.Rがレンガー・ファン・デル・ザンデ、スコット・ディクソン、セバスチャンのXNUMX号車とともにランキング上位を独占した。 ブルデー ピポ・デラニ、ジャック・エイトケン、トム・ブロンクヴィストの#31を抑えて1位となった。チップ・ガナッシ・レーシングが運営するゴールドのマシン(今週末は黄色ではない)は、48.279号車アクション・エクスプレス・レーシングをほぼ31秒上回るXNUMX分XNUMX秒XNUMXでベンチマークを記録した。
  • ニック・タンディ、マチュー・ジャミネ、フレデリック・マコヴィッキの6号車最初のポルシェは、0.662秒差の06位となった。 5台のアキュラARX-6が10位とXNUMX位を獲得し、リッキー・テイラー、フィリペ・アルバカーキのXNUMX号車が続きました。 ブレンドンハートレー ジョーダン・テイラー、ルイ・デレトラズ、コルトン・ハータの40番を上回っている。チームRLLの8台のBMW MハイブリッドV7は85秒以上遅れており、XNUMX台目の公式ポルシェ、デイトナで優勝したXNUMX号車、そしてJDCミラー・モータースポーツのXNUMX号車がそれに続きます。
  • 北米選手権での初出場に向けて耐久性、マッテオ・カイローリ、アンドレア・カルダレッリのランボルギーニSC63、 ロメイングロジアン 10秒半以上遅れて5番手タイムをマークした。プロトン・コンペティションの顧客であるNo.XNUMXポルシェ(ジャンマリア・ブルーニ、アレッシオ・ピカリエッロ、ジュリアン・アンドラウアー)はタイムを記録できなかった。
  • TDSレーシングはスティーブン・トーマス、ミケル・ジェンセン、ハンター・マケレアの2号車がLM P11でベストタイムを記録した。ジャック・ホークスワース、ベン・バーニコート、カイル・カークウッド(バッサー・サリバン)組のNo.3 レクサス RC F GT14が、GTD Proクラスのベンチマークタイムを記録した。姉妹車であるフランキー・モンテカルボ、パーカー・トンプソン、アーロン・テリッツの12号車もGTDで同じ成績を収めた。
  • セブリング2時間レースのフリー走行12は午後20時05分(フランス時間)に予定されている。

 

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く