マイヤー・シャンク・レーシングがIMSAに戻り、再びアキュラとともに!

2023年末に損失と騒動を伴う離婚を経験した後、アキュラとメイヤー・シャンク・レーシングは2025年にIMSAで再び共通の目的を達成し、06台のARX-XNUMXがGTPカテゴリーにエントリーする予定です。

公開 27/06/2024 à 16:29

マイケル・デュフォレスト

0 コメントを見る)

マイヤー・シャンク・レーシングがIMSAに戻り、再びアキュラとともに!

©DPPI

マイケル・シャンクとジム・マイヤーのチームは、デイトナ2025時間レースから始まる北米選手権の24年シーズンに、2023台の公式アキュラのうちの24台に参戦する。ホンダ・レーシング・コーポレーションUSAは、特にチーム内で発覚した不正行為を受けて、メイヤー・シャンク・レーシングとの関係を断絶したため、この2023つの組織の関係は新しいものではない。 XNUMX 年のデイトナ XNUMX 時間レース。このイベントの勝者チームは、ミシュランが要求する空気圧よりも低い空気圧で走行するために、タイヤ空気圧の測定値を操作しました。厳しいペナルティを受けたにもかかわらず、チームはシーズンで最も重要なレースで勝利を失うことはなかった。

アキュラ/マイヤー・シャンクコンビの復帰は、ウェイン・テイラー・レーシングとアンドレッティ(現在アキュラスに参入)とキャデラックとのパートナーシップの可能性についての噂がますます強まる中、実現した。アメリカのブランドはすでにチップ・ガナッシ・レーシングとのパートナーシップの終了を発表しており、現在プロトタイプの開発を行っている。 IMSA (Action Express 側にもう 1 両あり)、ちょうど次のようになります。 WEC.

1台はアキュラ用のファクトリーカー、もう1台はマイヤーシャンク用

2025年のパートナーシップでは、マイヤー・シャンクがアキュラARX-06に乗り、もうXNUMX台はHRC米国工場車となる。ホンダのアメリカ法人が自ら最高レベルの自動車に参戦するのはこれが初めてである。耐久性 米国。 「GTP で自分たちのクルマでレースすることは、HRC US の従業員にとってエキサイティングな次のステップです。」とホンダ・レーシング・コーポレーションUSA社長のデビッド・ソルターズ氏は語った。 「私たちは人材と技術を開発するためにモータースポーツに参入しており、MSRと提携してARX-06で世界最高の耐久チームとレースできることに興奮しています。 »

「まず、メイヤー・シャンク・レーシング・チーム全体を代表して、この機会を与えてくれたデビッド・ソルターズ氏とHRCおよびアキュラのチーム全員に感謝の意を表したいと思います。」、マイケル・シャンクが自分の役であると宣言しました。 「この新たな機会を与えていただいたことに非常に感謝しており、チーム全員がアキュラとの新たな関係を開始し、HRC US IMSA プログラムで果たす新たな役割を開始することに熱心に取り組んでいます。 »

ドライバーの名前はまだ明らかにされていないが、メイヤー・シャンク・レーシング・エンデュランス・プログラムの実力者であるトム・ブロムクヴィストが参加する可能性があると想像できる。その英国人は支部から解雇された IndyCar 2024年シーズンは困難なスタートを切ったものの、チームリーダーたちはすぐに彼がメイヤー・シャンク・レーシングの「ファミリー」に残ることを明らかにした。

こちらもお読みください > ワトキンス・グレン – フェリペ・ナスルがポルシェに勝利を、LM P2ではリルー・ワドゥに勝利をもたらす

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く