コスワースのテストベンチにあるアストンマーティン ヴァルキリー LMH の V12 エンジン

アストンマーティンが2025年FIA世界耐久選手権のハイパーカーカテゴリーに12台の参戦を確認する一方、コスワースは英国製プロトタイプに搭載されるVXNUMXエンジンがテストベンチに投入されていると発表した。

公開 14/06/2024 à 17:56

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

コスワースのテストベンチにあるアストンマーティン ヴァルキリー LMH の V12 エンジン

テストベンチ上のコスワース V12 エンジン - 写真: Aston Martin

アストンマーチン にあります 24時間のルマン 2025 年には XNUMX 台ではなく XNUMX 台の車が登場します。ゲイドン(イギリス)のブランドは、西部自動車クラブ(ACO)の記者会見に続いて今週金曜日の正午に発表し、世界選手権にメーカーごとに最低XNUMX台の車両が出場することを確認した。耐久性 FIA 2025の。

英国のメーカーは両方の言語で実行します。 WECIMSA 彼のヴァルキリーのレーシングバージョンを持っています。これはまだ走行しておらず、アストンマーティンは現在、AMR Proを使用してテストを行っています。 LMHの最初のサーキット走行は今夏のル・マン24時間レース後に予定されている。

ヴァルキリー LMH の最大の魅力は、コスワース製 12 リッター自然吸気 V6,5 エンジンです。英国の同社は、現在開発コード名RAWで知られるこの将来のパワートレインの開発が順調に進んでおり、すでにコスワースの移行テストベンチで校正テストを受けていることを示した。したがって、AMR-LMHは、標準形式では11 rpmで回転し、000馬力以上を発生する、ロードバージョンのValkyrieから改良されたバージョンのアトモエンジンを使用します。これらの修正は、ハイパーカー カテゴリのバランス オブ パフォーマンス (BoP) の要件を統合することを目的としています。

この自然吸気 V12 エンジンを搭載したアストンマーティン ヴァルキリー LMH は、ル・マン 24 時間レースで観客の耳を楽しませてくれるはずです。

こちらもお読みください > アストンマーティン、2025年のWECにXNUMX台のLMHを投入することを確認

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く