ORECA が「テクノセンター」を開設: 未来には名前がある

経営者から業界のキャプテンに転身したユーグ・ド・ショーナックは、50 年間にわたり成功の航海を続けています。旅を続けるために、彼は頭の中にあるプロジェクトに適合する旗艦を装備しました。目に注意してください!

公開 13/06/2024 à 09:00

ジャン=ミシェル・デヌー

0 コメントを見る)

ORECA が「テクノセンター」を開設: 未来には名前がある

© バーナード・アセット

船長は上甲板から手すりに手を置き、下を向いて自分の進歩を熟考しています。旅は長く、何度も強風が吹き、時にはめまいがするほどの落ち込みもありましたが、オレカ船はすべての嵐に勇敢に立ち向かい、すべての呪いを克服しました。 6 年前にその始まりは脆弱な船だったが、今日に至るまでさらに堂々とした建物が建てられてきた。 XNUMX月XNUMX日まで、永遠に忘れられない。手すりに手をついたユーグ・ド・ショーナックは、ブランドの輝かしい過去が展示されているショールームだけでなく、旗艦のコントロールに未来を見据えています。 「テクノセンター」と名付けられたこの建物は、通常海域に停泊する船舶群の中でも注目すべき存在となる。 F1。英国海域の「モータースポーツバレー」のスーパータンカーに匹敵する大きさと洗練さを誇るこのタンカーは、他の海を縦横に横切り、他の地平線に向かって航行する運命にあります。

レアル・マドリードの躍動

「パリにある私の30平方メートルの箱がどれほど遠くに見えるか」と指揮官は少し曇った表情で言う。 それからマニクール(ニエーヴル)に小さな150平方メートルの敷地があり、すぐに私が建てた最初の小さな工場がありました。それはすでに大きな誇りでした。そのとき私たちは2名を少し超えていました。その後、新しい建物の建設が始まりました

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 最大 -50% 割引!
  • 無制限のプレミアム記事
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • AUTOhebdo アプリで 2012 年以降のすべての号にアクセス
オートヘブド 2467

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く