カタール1812km – トリプルギャロップのWEC

ロサイルの投光照明の下でハイパーカーの表彰台を確保したことにより、ポルシェはシーズンの素晴らしいスタートを続け、WEC の LMDh 賞リストと新しい LMGT3 カテゴリーのリストをオープンしました。昨シーズンのリーダーであるトヨタとフェラーリはトリッキーなスタートを切った一方、プジョーはエルロンなしの9X8が最後に登場するため、ゴール前に惨敗した。激しい。

公開 04/03/2024 à 18:00

ジュリアン・ビリオット

0 コメントを見る)

カタール1812km – トリプルギャロップのWEC

© フランソワ・フラマン / DPPI

夜がロサイル・インターナショナル・サーキットをカタールの伝統的なマントであるビシュトのように包み込む中、地球に新しい一日が明けた。 WEC. Les certitudes passées ont été balayées et des étendues désertiques a émergé un nouvel ordre mondial. Avec son cortège d’intrigues, ses interrogations et un vainqueur familier mais pourtant inédit dans la catégorie Hypercar du championnat du monde d’耐久性. Déjà auréolée d’un succès de prestige en ouverture de la campagne IMSA aux 24 Heures de Daytona, la ポルシェ 963 s’impose également pour le coup d’envoi du WEC. Et avec la manière.

Le constructeur allemand a vécu une saison 2023 éprouvante au sommet de l’Endurance mondiale et n’a jamais fait mystère de sa frustration. D’aucuns auront tôt fait d’emprunter les raccourcis habituels pour e

ジュリアン・ビリオット

オートヘブド副編集長。 羽根が胆汁に浸かった。

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 無制限のプレミアムアイテム
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • 2012 年以降の AUTOhebdo の全号が利用可能
COUV-2433

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く