テクニカル分析 – 新型プジョー 9X8: B バージョンを除くすべて…

プジョーは、9月8日のイモラ6時間レースで競技デビューする21XXNUMXを徹底的にアップデートすることで、避けられない事態を解決した。しかし、この開発を単純なフィンの追加に還元するのは大きな間違いです。私たちの目の前にあるのは、ほぼ新車です。

公開 04/04/2024 à 13:00

ゴーティエ・カルメルス

0 コメントを見る)

テクニカル分析 – 新型プジョー 9X8: B バージョンを除くすべて…

©プジョー

私たちはそれを忘れてしまいます プジョー avait déjà défrayé la chronique en rajoutant un aileron à un de ses prototypes. Il s’agissait de la 905, et l’aileron supplémentaire était placé à l’avant. Le constructeur français a cette fois équipé son Hypercar hybride d’un aileron arrière, abandonnant l’ambitieux et unique concept « wingless » qui a tant fait parler.

Le concept de la 9X8 reposait sur une utilisation optimale de l’effet de sol. Elle présentait une solution extrême, tirant pleinement parti de la réglementation Hypercar initiale de 2019 qui rendait la cible aérodynamique relativement facile à atteindre. L’idée de l’Automobile Club de l’Ouest (ACO) et de la FIA était alors d’envoyer un message limpide aux constructeurs : inutile de dépenser des millions d’euros en soufflerie. Message parfaitement entendu lorsque l’on constate aujourd’hui la qualité du plateau.

ゴーティエ・カルメルス

ジャーナリスト MotoGP、ナスカー、ラリーフランス、耐久レース、クラシックなど。

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 無制限のプレミアムアイテム
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • 2012 年以降の AUTOhebdo の全号が利用可能
COUV-2433

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く