サンパウロ6時間レースのBoPが判明

ル・マン 24 時間レースから XNUMX か月も経たないうちに、世界耐久選手権 (FIA WEC) のプロトンが今週末、ブラジルのインテルラゴスへ向かいます。

公開 08/07/2024 à 11:07

マイケル・デュフォレスト

0 コメントを見る)

サンパウロ6時間レースのBoPが判明

© ジョアン・フィリペ / DPPI

勝利から3週間後、 フェラーリ サルトワの二重時計塔では、 WEC サンパウロ 6 時間レースの 3 つのカテゴリー、ハイパーカーと LMGT3 の BoP (バランス オブ パフォーマンス) を正式に発表します。 BoP は、レースの最初のラップから最後のラップまでのスペクタクルを可能な限り公平に保証するために、エントリーされたさまざまな車両のパフォーマンスのバランスをとることを目指しています。立法者は、ハイパーカーの重量、パワー、リレーごとに利用できるエネルギーに影響を与えることができます。 LMGTXNUMX では、パワー、リアウィング角度、車高、利用可能なエネルギーと同様に、重量も変数です。

ハイパーカーにおいて、フェラーリは、それ以来、スケール上で最も重量を増した車両です。 ルマン、さらに17kg増加しました。これにより、総質量は 1060 kg となり、プロトタイプとしては最も重いものになります。 トヨタ GR010ハイブリッド。そこには プジョー 9X8と ポルシェ 963 では、体重計の前に 1051 kg が表示されるようになりました。Alpine そしてBMW(1044)、ランボルギーニとキャデラックが1039で、最後にイソッタ・フラスキーニが18kg減量して1030まで続く。イタリアのプロトタイプはこうしてWEC規定で指定された最低重量に達した。

重くなったフェラーリ 499P は、時速 5 km 未満で 250 KW 減少し、最もパワーのない車になりました。ただし、時速 1,8 km を超えると出力が 250% 増加し、リレーあたりの使用可能エネルギーが 905 MJ に大幅に増加するという利点があります。この分野でも、イソッタ フラスキーニは理論上最高の性能を発揮しており、規制で認められている最大値である 520 kW を出力できます。

LMGT3 に関しては、BMW の重量は 22 kg 減少し、体重計では 1353 kg となっています。これには、ル・マン 91 時間レース、スパ 1375 時間レース、そしてトップクラスのレースでの勝利により、#24 ポルシェの重量が 6 kg となり、このカテゴリーで最高の重量となる「サクセス バラスト」は考慮されていません。チャンピオンシップでの順位。 GT3カテゴリーを可能な限りタイトに保つために、リレーごとに許可されるエネルギーもすべての車両に対して調整されています。

こちらもお読みください > マイク・コンウェイ:「ル・マンを遠くから見るのは私にとって大変だった」

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く