2025年以降のWECでは各メーカー最低XNUMX台のマシンが参加

西部自動車クラブ(ACO)は今週金曜日の朝、ル・マン24時間レースの傍らで、FIA WEC 2025にエントリーするメーカーは最低XNUMX台のマシンをエントリーしなければならないという事実を正式に発表した。

公開 14/06/2024 à 11:20

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

2025年以降のWECでは各メーカー最低XNUMX台のマシンが参加

両方 Alpine - 写真:フレデリック・ル・フロックH / DPPI

それは世界選手権のパドックでは公然の秘密だった。耐久性 FIAは今週金曜日の朝から正式に発表した。FIA世界耐久選手権のハイパーカーカテゴリーにエントリーするメーカーは来シーズン、少なくとも2台のマシンをエントリーすることが義務付けられることになる。

これは、メーカーがプロトタイプを持っていることを意味します。 WEC 今年がチャンピオンシップに留まりたいなら、2025年までに倍の努力をしなければならないだろう。ランボルギーニ、キャデラック、イソッタ・フラスキーニがこれに該当します。 アストンマーチンは、ヴァルキリーのレーシングバージョンで来シーズンに参戦することを目指している。したがって、ゲイドン(イギリス)のブランドは、チャンピオンシップへのエントリーチケットを有効にするために2番目のLMHにエントリーします。

私たちの情報によると、メーカーは来年のWECに顧客を含めて4台のマシンに制限されるはずです。 ポルシェ そのため、来シーズンはそのサイズを縮小する必要があり、ドイツのメーカーは今年のFIA世界耐久選手権に5台のマシンを投入している。

こちらもお読みください > アストンマーティン、2025年のWECにXNUMX台のLMHを投入することを確認

グリッドの拡大に向けて?

同時に、ACOは来年その分野を拡大する意向を確認した。チャンピオンシップは、37年に向けてWECのグリッドをハイパーカーとLMGT40を合わせて3台から2025台に拡大することに取り組んでいる。これには、特定のサーキット、特にイモラでの作業が含まれる。イタリアのサーキットは、ガレージをXNUMXつ追加してボックスの数を増やすことを約束している。

こちらもお読みください > 24年ル・マン2024時間レースの完全なプログラム

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く