フェラーリ、サンパウロで初の499P開発を実施

フェラーリはその栄光に満足しているわけではありません。ル・マン 24 時間レースで 499 年連続の勝利を収めたこのイタリアのメーカーは、XNUMXP の最初の開発をサンパウロに持ち込んでいます。

公開 11/07/2024 à 15:53

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

フェラーリ、サンパウロで初の499P開発を実施

ハビエル・ヒメネス / DPPI

レス 24時間のルマン 今ではバックミラーとFIAチームの中にいます WEC は今週末、ブラジルでサンパウロ2024時間レースに臨む6年シーズン後半戦に臨む。サルトではXNUMX年連続優勝、 フェラーリ 世界タイトル獲得への挑戦が始まる。

このため、イタリアのメーカーは最初の開発を 499P に導入することを決定しました。 「 インテルラゴス・サーキットでは499Pへの最初の改良が開始されることになる » レーシングカー部門の責任者であるフェルディナンド・カニッツォ氏はこう説明します。耐久性 跳ね馬の。

« 2023年シーズン中のクルマの優れたパフォーマンスにもかかわらず、ブレーキ冷却の限界に直面しました。 イタリア人技術者は付け加えた。 そこで私たちは、流れの分布を変更して効率を高めるために、風洞内とトラック上で新しい冷却ダクト設計を定義および開発しました。 »

« この修正は 499P のバランスに影響を与えましたが、車の他の部分を調整することで望ましい値に戻しました。 カニッツォを開発します。 具体的には、アンダーボディを改造し、一部の「ガーニーフラップ」の高さを調整し、フロントヘッドライトの下に「フラップ」を導入しました。このアップグレードにより、499P は技術規定で指定された「パフォーマンス ウィンドウ」内での地位を維持することができました。ラップタイムの向上は期待できませんが、ブレーキ性能がより要求され決定的なものとなるサーキットでの車両の多用途性の向上と容易な適応が期待されます。 »

こうした展開は、金曜日の午後15時45分(フランス時間)からのサンパウロ1時間レースのフリー走行6で初めてコース上で目に見えるようになる。

こちらもお読みください > 週末のテレビ番組 - 12 月 14 日から XNUMX 日まで

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く