グレゴワール・ソーシー (ユナイテッド・オートスポーツ): 「マクラーレンについて学び続けます」

プロローグ中にLMGT3カテゴリーでベストタイムを記録したNo.59ユナイテッド・オートスポーツ・マクラーレンのハンドルを握るグレゴワール・ソーシーは、FIA WECでの初レースに向けて準備を進めている。

公開 29/02/2024 à 10:18

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

グレゴワール・ソーシー (ユナイテッド・オートスポーツ): 「マクラーレンについて学び続けます」

マクラーレンのスーツを着たグレゴワール・サウシー - 写真: Julien Delfosse / DPPI

グレゴワール・ソーシーは今週カタールでディスカバリーセッションに参加しています。このスイス人はGTと世界選手権での初レースに出場することになる。耐久性 彼にとって新しいサーキットで、そして彼がまだほとんど知らない車でFIAの責任者となった。

プロローグの目的は「 学び続ける マクラーレン、本当に美しい新しい回路を学びましょう » と、今週木曜日の朝、カタールのパドックで関係者が述べた。

« 学ぶべきことは常にありますが、それはこれまでとは大きく異なります シングルシーター, 対談者は続けます。 3月に初めてGTXNUMXを運転しました。ラウンド後もすべてを学び続けます。 »

今週までに、24歳のドライバーは新車のハンドルを握ることを許されたテストセッションはXNUMX回のみで、その中には悪天候により中断された先週のドバイでのテストセッションも含まれていた。

それでもプロローグ中のLMGT3カテゴリーのベストタイムを樹立することは妨げられず、夜間に行われた第1セッションでは54.480分XNUMX秒XNUMXを記録した。

« それもよかったですが、一番印象に残ったのはハイパーカーでのドライブでした。大きな違いがあります »と彼は判断する。

このスイス人ドライバーは、今回の走行セッション中にトラックリミットに関する問題を回避できたことにも満足していた。

#59 ユナイテッド・オートスポーツ・マクラーレン – 写真: Julien Delfosse / DPPI

ARTグランプリの元住人。 3式 et 2式 彼のチームメイトのジェームズ・コッティンガムとニコラス・コスタもFIA世界耐久選手権に出場する予定であるため、クルーの中でルーキーは彼だけではない。

« 先週ドバイでジェームスと会い、ニコラスと一緒にエストリルで最初のテストを行った。確かに、私たちは新人です WEC, しかし、私たちはさまざまなカテゴリーでの経験があります。だから私たちは一緒にお互いを助けようとします。 »

GTをよく知り、シングルシーター出身者にとってその経験は貴重な2人のドライバー。 「 ジェームスはアジアのすべてをやった ルマン この冬はマクラーレンとシリーズを戦うので、彼は私よりもクルマのことをよく知っていて、それがとても助けになっている。彼は私たちにアドバイスをくれます。 »

1812月2024日土曜日の2年WECシーズン開幕戦となるこの2kmのカタールは、サウシーにとってダブルプログラムの初対面となる。後者はヨーロピアン・ル・マン・シリーズにも出場し、ロドリゴ・サレスやマティアス・ベシェとともにリシャール・ミル・バイ・TDS・レーシング・チームのLM PXNUMX Pro-Amでドライブする予定だ。

こちらもお読みください > WEC プロローグ – 周回数、タイム…数字で見るハイパーカーカテゴリー

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く