アストンマーティンはピレリ 2026 タイヤをテストする最初のチームとなる

多くのチームが2026年の次の技術規則期間に向けてピレリタイヤのテストを申請していたが、抽選に選ばれたのはアストンマーティンだった。

公開 29/06/2024 à 15:07

ジェレミー・サティス

1 コメントを見る)

アストンマーティンはピレリ 2026 タイヤをテストする最初のチームとなる

2026年ピレリタイヤは、アストンマーティンによって最初にテストされる。 ©エリック・アロンソ/DPPI

La 1式 常に異なる時間性で同時に進化するスポーツです。エンジニアたちは、マシンの設計と同じくらい、次のレース週末に夢中になっています。 シングルシーター すでに順調に進んでいる2025年の計画、あるいはFIAが技術的輪郭をもう少し明らかにしてから数週間後の2026年の重要な計画をめぐる最初の作業までに、より狭い、したがってより幅の狭いシングルシーターの復活が示された。

競争に先んじるチャンスはすべて掴むべきであり、これが、多くのチームが 2026 年に使用されるピレリ タイヤのプレビューに応募した理由です。フロントタイヤの幅は18 mm、リアタイヤの幅は2022 mm減少し、印象は維持されますが、依然として印象的ではありません。

最初のピレリテストは9月に予定されている

「寸法は決まっており、18インチタイヤを維持するという決定に満足しています」とピレリ・モータースポーツのボス、マリオ・イゾラは宣言した。 16インチ (かつて想像されていたように) これは正しい解決策ではありませんでした。予想される(空力)負荷が依然としてかなり高く、車は高速になるからです。したがって、これらの荷重に対処するには、適切なサイズのタイヤが必要です。」 

イゾラは2026年にチームに供給する製品の進歩の度合いを明らかにしたが、イタリアのメーカーであるイゾラのF1参戦期間は2027年まで延長された。 「私たちはタイヤの仮想モデルの開発に取り組み始めました。彼は説明した。 おそらく8月末には最初の物理的なプロトタイプが完成し、9月にはトラックテストを行う予定です。最初のテストはバルセロナで行われる。すべてが計画通りに進んでいると言えます。ただし、結論を出すにはまだ少し早いですが、取られた方向性は正しいです。」

アストンマーティンが宝くじに当選

マイク・クラック、メインチームアストンマーチン、オーストリアで、これらの新しいタイヤを最初にテストする特権を持つチームの正体を明らかにした。 「私たちはこれら26本のタイヤをテストする最初のチームになります。 彼は満足した。 多くのチームがこのテスト プログラムへの参加を希望したため、抽選による選考プロセスが行われました。私たちが最初に選ばれたので、最初にそれを行うことになります。バクーとシンガポールの間になると思います。したがって、我々はプログラムがどのようなものになるのかピレリと話し合っており、技術指令に従ってFIAによって定義されたクルマを再現しようとしている。そのため、私たちは要求され、必要とされる数値を可能な限り正確に再現するよう努め、その後、ピレリと協力して進め方を検討します。」 

アストンマーティンの主力チームは、現行のC2025よりもさらに柔らかい製品であるC6タイヤを導入し、5年からピレリ製品群にXNUMX番目の異なるタイヤが登場することを歓迎する機会を得た。 「追加の戦略的選択肢が広がると思うので、我々はこれを歓迎します。さて、それがC6、C5、C4であろうと、C6、C4、C2などであろうと、それは明らかにピレリ次第です。ルールブックの最終年を迎えるにあたり、あちこちにいくつかのバリエーションを追加することは良いことです。」 

こちらもお読みください > フランスGPから帰国:ドメニカリはまだ「誰にも」会っていない。

ジェレミー・サティス

優れた F1 レポーターであり、プロモーション手法に情熱を注ぐ

1 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

1 コメント

イヴ・アンリ・ランディエ

29 年 06 月 2024 日午前 05 時 21 分

アストンマーティンズの現在のパフォーマンスを考慮すると、これが 2026 タイヤを限界までテストする最も代表的なチームでしょうか?

レビューを書く