カナダ – EL3: サンシャイン (ついに!)、ルイス ハミルトン…その他!

最初の1回のフリー走行セッションが雨で中断された後、FXNUMXドライバーたちはようやく新しいカナダ産アスファルトをドライコンディションでテストすることができたが、予選後半で再びテストできるかどうかは保証されていない。ルイス・ハミルトンがセッションを支配した。

公開 08/06/2024 à 19:43

ジェレミー・サティス

1 コメントを見る)

カナダ – EL3: サンシャイン (ついに!)、ルイス ハミルトン…その他!

EL3首位のルイス・ハミルトン。 © DPPI

  • ルイス·ハミルトン 彼はマジャールの回転式改札口で驚きのポールポジションを狙っていた昨年のハンガリーの経験を繰り返そうとしているのだろうか?今のところ、私たちは理性を保つ方法を知らなければなりません。なぜなら、これが初めてのことではないからです。 メルセデス フリー走行では輝きを放ちましたが、予選が近づくとトラフィックから完全に消えてしまいました。いずれにせよ、ルイス・ハミルトンはセッションを飛び抜け、先頭で最速マークを記録した マックスVerstappen (+0 »374) とチームメイトのジョージ ラッセル (+0 »408)。ただし、今週土曜の夜22時にトラックが乾いているかどうかは分からない。
  • レッドブルいずれにせよ、パイロットたちは不平を言い続けたが、木曜日にここカナダで輝ける能力について懐疑的な見方が示されたことを考えると、それほど驚くべきことではなかった。実際、ミディアムラバーではセルジオ・ペレスがグリップ不足を指摘し、マックス・フェルスタッペンは特にターン1でのリバウンドを訴えた。セルジオ・ペレスが2番手だったこの日、バタビアンはそれでも9番手タイムを記録した。
  • フェラーリでは、 チャールズレクレック は心配しているようで、車が遅いと何度も繰り返した。モナコは基準タイムの 10/8 で 10 回目のタイムを記録しただけですが、 カルロス·サインツ 基準タイムから12秒~1秒です。私たちはその範囲内の基準を引き上げる必要があるだろう スクーデリア 次の2時間の間に。
  • ステージの場所 ランス散歩 4回目の署名、明らかに先んじて フェルナンド·アロンソ、わずか8位。 マクラーレン優勝候補として発表されていたが、基準タイムの7/10を超えフェラーリと同様にやや低迷している。
  • 前日のEL1同様、 周冠宇 赤旗を引き起こすほどのミスを犯した。 2025年の議席獲得交渉を行っている中国人選手は、現在モントリオール側であまり元気がありません。今度はターン3でマシン後部のグリップを失い、後車軸に衝突した。
  • Alex Vetsak アルボン 残り10分間に右後輪をぶつけてチャンピオンの壁に足跡を残した。それでもタイ人は必要な修理を行うためにガレージに戻ることができた。 3 度の世界​​チャンピオンであるマックス フェルスタッペンも、最後の瞬間にそこに行きましたが、明らかなダメージはそれほどありませんでした。限界はこうして見つかる!
  • フランス側にはまだ奇跡は起きていない。 Pierre Gasly 16位でXNUMX秒ちょっと遅れて、 エステバンオコン 少し離れた19位です。

 

こちらもお読みください > ドライバーズタイトル争いを想像する前にバルセロナまで待たなければならない理由

ジェレミー・サティス

優れた F1 レポーターであり、プロモーション手法に情熱を注ぐ

1 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

1 コメント

イヴ・アンリ・ランディエ

08 年 06 月 2024 日午前 08 時 25 分

Sir Gold Lives Matter がタイムシートの一番上にありますが、私たちは長い間慣れていませんでした。 2024年のほぼすべてのGPと同様に、このパフォーマンスが今夜の予選から日曜日のレースでも衰えないかどうかはまだ分からない。

レビューを書く