ハースでは日本の第一セクターのエッセの恐怖

シーズン序盤、エントリー1名が残りXNUMX名中XNUMX名がポイント獲得という結果に驚いたが、ハースチームは日本でもその勢いを継続したいと考えている。アメリカチームは自信を持って前進していますが、すでにセクター XNUMX とそのエッセを恐れています。

公開 01/04/2024 à 15:05

ジェレミー・サティス

0 コメントを見る)

ハースでは日本の第一セクターのエッセの恐怖

ハースでは、鈴鹿の第1セクターのエッセを懸念している。 © DPPI

新しい主力チームは、 ハース、日本の小松綾雄は、シーズンのこのようなスタートを経験するとは予想していませんでした。実際、日本はバーレーンでの冬季テストに先立ち、昨シーズンの終わりに行われた戦略的選択により、VF-24の開発が予定より遅れていると警告していた。 XNUMXラウンド後、ジーン・ハースのストラクチャーのシグナルは青になります。ハースは競争に負けていないだけでなく、 シングルシーター アメリカは昨年に比べてかなりの進歩を遂げているようにさえ見えます。

VF-23はリアタイヤのオーバーヒートに対する慢性的な懸念からレースで液状化する前に予選で輝きを放つ傾向があったが、VF-24は全く逆の特性を持っており、日曜日にハースがポイントを争うことを可能にしている。その程度まで ニコ・ヒルケンベルク チームメイトの戦略的な助けでジェッダで10位のポイントを確保し、その後メルボルンで9人がともに得点(10位と7位)し、ハースはマニュファクチャラー選手権選手権でレーシング・ブルズに次ぐXNUMX位に浮上した。 ウィリアムズ、ザウバー、 Alpine.

鈴鹿、ハースにとっての究極の試練

「今年はまったく異なるサーキットで3つのレースに出場したが、ジェッダで1ポイント、メルボルンで3ポイントと、3つのイベントで2ポイントを獲得できたことを非常にうれしく思う」, 小松さんは満足していました。 特にメルボルンでは、レースペースが予選ペースよりも優れていることを示しましたが、これは明らかに強みです。同時にメルボルンの予選ではVF-24の弱点も露呈したが、鈴鹿には高速コーナーのあるセクターがあるため、サーキットの要求という点では残念ながら鈴鹿でも同じような結果になるだろう。

アメリカの体制がシーズンの好調なスタートを切ったにもかかわらず、マシンは高速コーナーでは必ずしも安心しているわけではない。第 1 セクターを構成する曲がりくねったエッセを考慮して、鈴鹿での困難な週末に向けて何を計画すべきでしょうか? 「バーレーン、ジェッダのセクター1、そしてメルボルンの高速コーナーに挑戦したとき、私たちの車は高速エリアにまだ達していないことがわかりました。そのため、鈴鹿のセクター1は最高のコーナーになるでしょう」私たちにとって大きな挑戦です」と小松彩生氏は予想する。

「鈴鹿は簡単に追い越せるサーキットではないので、鈴鹿の予選でパフォーマンスを発揮するために必要なスピード、グリップ、バランスの欠如にどう対処するかが重要になる。私たちにとっては挑戦になるでしょうが、いくつかのアイデアがあるので、金曜日にこの点を改善するためにいくつかの実験を行うつもりです。レースペースに関しては、メルボルンと同様、予選ペースよりも高いと思うので、レース戦略を考えて、鈴鹿ではより良いレース戦略を立てて、それをどのように活用できるかを考えなければなりません。」 

昨年、週末ごとに慢性的なタイヤの劣化問題にうんざりしていたドライバーたちは、シーズンの初めに計測を続けており、鈴鹿がこの特定のコンパートメントにおける車の真の進歩を測る究極のテストであると考えている。 「鈴鹿は低速、中速、高速が混在していると思います。デグラデーションの激しいサーキットに行くのは今年初めてかもしれないので、自分たちがどこにいるのかを学び、確認するのは興味深いでしょう」とニコ・ヒュルケンベルグは断言する。 難しいサーキットであり、歴史的にデグラデーションの多いレースなので、来年に向けて学ぶことが重要になるだろう。今シーズンは明るい兆しがあり、半年前と比べて車内の感触は良くなっているが、まだ時期尚早だ!」 日本は2024年にハースの実質レベルについて最初の具体的な回答を示すことになる。

こちらもお読みください > ベアマンに直面して、ハースのおじいちゃんたちは力を合わせて抵抗する

ジェレミー・サティス

優れた F1 レポーターであり、プロモーション手法に情熱を注ぐ

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く