EL2 – ペレスとレッドブルが優勢、ルクレールが勢いに乗る

セルジオ・ペレスはフリー走行2回目で1秒42秒115のベストタイムを記録した。 ターン1.42.115でシャルル・ルクレールが事故を起こしたセッション。

公開 04/06/2021 à 15:15

クエンティン・デュボワ

0 コメントを見る)

EL2 – ペレスとレッドブルが優勢、ルクレールが勢いに乗る

セルジオ・ペレスがバクーのFP2でチームメイトのフェルスタッペンを抑えてベストタイムを記録 / © Photo Antonin Vincent / DPPI

2013年以来初めてコンストラクターズチャンピオンシップをリードしているレッドブルは、現時点でチームが好調であることを認めている。 XNUMX人のドライバーがタイムシートの上位を独占し、 ペレス 前でベストタイムを記録 フェルスタッペン. カルロス·サインツ (フェラーリ)も好調なシリーズで、メキシコ人ドライバーから3万128分のXNUMX差でトップXNUMXに入った。 異なる運命 チャールズレクレック。 15位に終わったにもかかわらず、モナコのドライバーはセッション中盤、ターンXNUMXでフェラーリをクラッシュさせたが、彼の車は正面から衝突したためそれほど損傷していないようだった。 

Pierre Gasly、まだ最初のフランス人ドライバーである彼は、1.42.534を記録し、トップ5に浮上することができます。金曜日の日は、彼に明日の予選Q3進出の望みを与える可能性があります。 トップ10の残りは以下の通りです。 フェルナンド·アロンソ、今週末、二度目の人生のリースを得ているようです、ジョビナッツィ (7 位)、 ノリス (8位)アゼルバイジャンではまだ遅れている、 オーコン (9位)と 角田 (10日)。

今日の驚き:いいえ メルセデス ドイツチームは調整を試みているようで、純粋なスピードにはあまり重点を置いていないようだ。 ルイス·ハミルトン ペレスから11秒遅れのXNUMX位に浮上。 ボタ ベストタイムから16秒遅れのXNUMX位に終わった。 したがって、銀の矢が主役となるのを見るには明日まで待たなければなりません。 
今朝と同様、バクーサーキットには多くのイエローフラッグが掲げられた。 セッションは、技術的な問題により赤旗中断されることもあった。 ラティフィ。 飛行士 ウィリアムズ どうやらギアボックスが壊れたようで、日曜日にはグリッドから5つ降格のペナルティを受ける危険がある。
ドライバーたちは明日午前11時(フランス時間)に、セッティングを調整してパフォーマンスを確認するための最後のセッションを受けることになる。

 

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く