数字で見る – オリバー・ベアマン、F1とフェラーリにとって画期的な初グランプリ

F1初グランプリでジェッダで目覚ましいパフォーマンスを見せたオリバー・ベアマンは、スクーデリア・フェラーリとこの分野の歴史に数々の功績を残した(あるいは消し去った)。

公開 10/03/2024 à 14:21

ドリアン・グランジェ

2 コメントを見る)

数字で見る – オリバー・ベアマン、F1とフェラーリにとって画期的な初グランプリ

©フレデリック・ル・フロック/DPPI

18年と10ヶ月と1日

土曜日、オリバー・ベアマンが自身初のグランプリのスタートを切った。 1式 18歳10ヶ月1日で、この分野の歴史の中で3番目に若いドライバーとなった。 マックスVerstappen (17年5ヶ月15日、2015年) ランス散歩 (18年、4年26か月2017日)。何よりも、英国人は史上最年少のドライバーとなった。 スクーデリア フェラーリ、はるか先を行く チャールズレクレック (21年、5年1ヶ月と2019日)。

6ポイント

オリー・ベアマンは、F3でポイントを獲得した1番目の最年少ドライバーでもあり、この記録はマックス・フェルスタッペンも保持していた(17歳5か月29日、2015年)。ジェッダでは、フェラーリ一族の弟子である彼が、初めてのグランプリでポイント圏内を獲得した79人目のドライバーとなった。そのようなパフォーマンスを確立した最後のドライバーは、 ニック・デ・ブリーズ, 2022年イタリアGPにて XNUMX人のドライバーの共通点:XNUMX人とも虫垂炎の発作のためスタートドライバーを交代!

7位

オリバー・ベアマンもサウジアラビアGP最終戦で7位入賞を果たし、ルーキーとしては素晴らしい成績を収めた。ドライバーが初めてのグランプリで英国人よりも優れたパフォーマンスを達成するのを見るには、2015年オーストラリアGP(フェリペ・ナスル、5位)まで遡る必要がある。現在のグリッドでは、最初のグランプリでより良い成績を収めたドライバーは XNUMX 人だけです。 ルイス·ハミルトン (3年オーストラリアGPでは2007位) ケビン・マグンセン (2年オーストラリアGPでは2014位)。

英国人4名がポイント獲得

1968年のフランスGP(ジョン・サーティース、ジャッキー・スチュワート、ヴィック・エルフォード、ピアズ・クラージュ)以来初めて、同じレースで6人のイギリス人ドライバーがポイントを獲得した(ジョージ・ラッセル7位、オリー・ベアマンXNUMX位、 ランドー・ノリス 8位、ルイス・ハミルトンが9位)。オリバー・ベアマンは、10年のポール・ディ・レスタ以来、初のグランプリでトップ2011入りを果たした初のイギリス人ドライバーとなった。

52年

ドライバーがスクーデリア・フェラーリからF1デビューしたのは1972年のアルトゥーロ・メルツァリオが最後で、オリー・ベアマンはフェラーリで新人選手のいないF52での1年間の長き連続記録に終止符を打ったところだ。この英国人選手は、1970年のイグナツィオ・ジュンティとクレイ・レガツォーニ、そして1972年のアルトゥーロ・メルツァリオに続き、フェラーリでのグランプリデビュー戦でポイントを獲得したXNUMX人連続のドライバーでもある。

こちらもお読みください > ジェッダのベアマンに火の洗礼を成功させる:「肉体的には、私は破壊されました! »

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

2 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

2 コメント

イヴ・アンリ・ランディエ

10 年 03 月 2024 日午前 03 時 43 分

昨年の雨のザントフォールト戦でのローソンのような新人選手の非常に良いパフォーマンス。グリッドには永久契約があり、ハルク、ボッタス、KMagなどのベテランや、ジョウやサージェントのようにパフォーマンスが良くない若手もいるのに、もっと多くの若手をスタート時に見られなかったことを後悔するのは十分に十分だ。

ダニエル・マイヤーズ

10 年 03 月 2024 日午前 03 時 28 分

このような状況で、同じく予備パイロットであるプルシェーレやハジャルのパフォーマンスは想像できません。 「4人のイギリス人がポイント獲得」 タブレットに次のような統計がありますか。10年09月78日から21年03月82日までの間(これは49GPを表す)、常にフランス人ドライバーがポイント圏内にいたという事実(最初) 6!!)ハイライトは82年フランスGP:4位(アルヌー、プロスト、ピローニ、タンベイ)

レビューを書く