FIA-FOM:宣戦布告(再び)

「内部告発者」の暴露を受けて、ムハンマド・ベン・スライエム大統領は本日、2023年サウジアラビアGPの結果に干渉したいと考え、ラスベガスの中止を引き起こそうとした疑いで捜査の対象となっている。 GP。口論を背景としたXNUMXつの重大な告発 – 挑発? - 永続。

公開 07/03/2024 à 11:27

ジャン=ミシェル・デヌー

1 コメントを見る)

FIA-FOM:宣戦布告(再び)

モハメド・ベン・スライエムとステファノ・ドメニカリ。 © ジュリアン・デルフォス / DPPI

La maison FIA est en feu, au lendemain de premières révélations par BBC Sport d’un rapport mettant en cause le Président Ben Sulayem qui aurait demandé selon les allégations d’un lanceur d’alerte de faire annuler une pénalité encourue par フェルナンド·アロンソ. Alors que l’espagnol purgeait sa pénalité de 5 secondes lors du GP de Djeddah il y a un an, un mécanicien avait glissé un cric sous l’arrière de la voiture. Jugée contraire à une règle interdisant d’intervenir pendant une pénalité, une sanction supplémentaire de 10 secondes lui avait été appliquée…

C’est cette dernière qui est aujourd’hui sur la sellette puisque M. Be

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 無制限のプレミアムアイテム
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • 2012 年以降の AUTOhebdo の全号が利用可能
COUV-2433

1 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

1 コメント

ダニエル・マイヤーズ

07 年 03 月 2024 日午前 12 時 26 分

FIA倫理委員会!良い冗談、裁判官、パーティー、(RBのときとまったく同じように)それはひどい結果、非常にひどい結果になるでしょう。

1

レビューを書く