英国 – EL1: ホームでノリスがリード、若手選手たちが頭角を現す

4人の若手ドライバーが登場したイギリスGPのフリー走行XNUMX回目で、ランド・ノリスがベストタイムを記録した。

公開 05/07/2024 à 14:33

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

英国 – EL1: ホームでノリスがリード、若手選手たちが頭角を現す

©マクラーレンF1

  • 初めて成功した週末の外出 ランドー・ノリス。パイロットは家族の前で マクラーレン オーストリアでの不幸な出来事から数日後、彼は安心している様子を見せた。ハードタイヤから始めてミディアムタイヤ、次にソフトタイヤと徐々にペースを上げたセッションでは、イギリス人選手は最後のサードパーティで1分27秒420のラップを記録し、リードを奪った。
  • 彼の後ろでは、最初の10台がXNUMX秒強で互いに引き離したため、彼はかなりタイトなプロトンを率いました。 エステバンオコンAlpine トップ10の後方に浮上。
  • 先週末、オーストリアでランド・ノリスとの事故が起きた後、シルバーストンのパドックでの議論の中心で、 マックスVerstappen ランク4e 友人からはミディアムタイヤで0”309。バタビア人は彼の前に、 オスカー・ピアストリ 3位に滑り込み、シルバーストンのターマックでのマクラーレンの好パフォーマンスを裏付けた。
  • しかし、オーストラリア人選手はこれらのFP1を完走することができなかった。コース上ではゆっくりと進み、最後の5分でゆっくりとピットレーンに戻った。彼は無線でエンジニアに油圧の問題を伝えた。

  • ユース部門で最も活躍したのはオリー・ベアマンだった。この英国人は今週木曜日に次のように認めた。 ハース 2025年からは、最初のテストを14位で完了し、この1時間の走行ではランド・ノリスより1秒、チームメイトよりXNUMX秒以内の差でした。 ニコ・ヒルケンベルク。代わりに Pierre Gasly、ジャック・ドゥーハンが同じく初心者のフランコ・コラピントを破った。 ウィリアムズ。元F2居住者は17位を占め、アルゼンチン人は現在5位だ。 2式、ソフトタイヤでの最終スティントを終えて18位に終わった。
  • 最後に、アイザック・ハジャール氏は、 レッドブル セルジオ・ペレス選手は、エンジニアが示した走行計画に従い、比較的静かなセッションを行った。イルドフランス在住の彼は、数周を周回することができましたが、19位を超えることはできず、ただ前を行くだけでした。 角田裕毅、テストは10分未満で終わりました。日本人はターン7でワイドに出てグラベルにはまり赤旗中断となった。チェッカーボードに近づくにつれて、アイザック・ハジャルは、ランド・ノリスが後ろに来るのが見えず恐怖を感じた。幸いなことに、イギリス人選手はなんとか回避できましたが、タイヤに大きなダメージを負ってしまいました。

こちらもお読みください > 「私たちはミスを危険な運転と混同している」:アロンソは罰則制度を批判

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)