イギリス – EL2: ノリスとマクラーレンは認め、フェルスタッペンは慎重

マクラーレンはシルバーストンでのフリー走行2で首位に立ち、セッション終盤に雨で中断されたセッション終了間際に、ランド・ノリスがオスカー・ピアストリを上回るベストタイムを記録した。

公開 05/07/2024 à 18:03

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

イギリス – EL2: ノリスとマクラーレンは認め、フェルスタッペンは慎重

© シャビ・ボニーラ / DPPI

  • レス マクラーレン 今週の金曜日は彼らの土地で祝っていました!すでにEL1でベストタイムを出しており、 ランドー・ノリス フリー走行2では1分26秒549のベンチマークタイムを記録し、パフォーマンスを繰り返した。観客の前で英国人選手はチームメイトを倒し、 オスカー・ピアストリ (+0"331) とセルジオ ペレス (+0"434) がトップ 3 に入りました。先進的な MCL38 のおかげで、英国チームの XNUMX 人のドライバーは、ルフィールドのコーナー出口で多少の恐怖を感じたにもかかわらず、シルバーストーンでは安心して走っていました。そして特にチャペル。
  • 走行最後の数分で雨が降ってきたため、セッションは中断された。すべてのドライバーはセッション開始時にすぐにソフトタイヤを装着してベンチマークタイムを設定し、その後最初のドロップが現れるまでの長いスティントに集中しました。ラバーを慣らすために最後の数秒であえてインターミディエイトタイヤを履くドライバーもいた。
  • トップ10内で4位に入ったのはちょっとしたサプライズだった ニコ・ヒルケンベルク (+0''441)。ドイツ人は次のような恩恵を受けています ハース VF-24は大幅に進化し、シルバーストーンで多くの新機能が導入されました。彼は先にいる チャールズレクレック (+0″601) これは、最新の仕様の恩恵を受けています。 フェラーリ、彼のチームメイトとは違って カルロス·サインツ (8 位、+0''700) 以前の設定を維持することを好んだ人。
  • 控えめな無料トライアル 2 マックスVerstappen、セッションのわずか7番目(+0インチ684)。このオランダ人選手は、チャペルの出口、長いストレートの手前で再加速時にオーバーステアが大きくなり怖くなった。ザ メルセデス も控えめで、6位でした。 ルイス·ハミルトン そして10位はジョージ・ラッセル。
  • フランス側では、 Alpine 表の 2 番目の部分は終了です。 Pierre Gasly (+1″183)、回復しました。 シングルシーター 午前中にジャック・ドゥーハンに譲った後、直前の14位でフィニッシュした エステバンオコン (+1''194)、15位。

さらに詳しい情報は追って…

イギリスGP
フリープラクティス2 – ランキング

こちらもお読みください > 週末のテレビ番組 - 5 月 7 日から XNUMX 日まで

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く