「私はおそらく一緒にやるのにふさわしい人物ではなかった」:ルクレールは自分に応じたサインツの策略を評価していなかった

スペインでは表彰台を争うことはできなかったが、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツはついに互いに戦った。モナコ人とスペイン人がメディアを通じて互いに反応し、少し緊張を引き起こした状況。

公開 24/06/2024 à 12:23

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

「私はおそらく一緒にやるのにふさわしい人物ではなかった」:ルクレールは自分に応じたサインツの策略を評価していなかった

©DPPI

スペインGPはフェラーリにとって最も簡単なレースではなかった。に比べて後退 マックスVerstappen, ランドー・ノリス らレ メルセデススクーデリア あまり期待できず、5で落ち着きましたe ら6e チェッカーボードの下の位置。一般スタッフの期待とは程遠い。しかし、控えめな結果以外にも、指導者たちは何らかの対応をしなければならなかった。 カルロス·サインツ 観客の前では少し「カリエンテ」すぎる。

明らかに国内グランプリで好成績を収めたいと考えていたマドリレニア人は、特に対戦相手に対して団結することを躊躇しなかった。 チャールズレクレック、彼のチームメイト... それで、彼を追い抜く機会があったとき、カルロス・サインツはそれを奪わず、接触さえしました。この作戦はモナコ人の好みには合わず、事実を振り返って驚いた。

« レース開始時には、全員がタイヤを温存して後でアタックするという明確な戦略を立てていました。とシャルル・ルクレールが始める。 カルロスはターン14でタイヤを温存しなかったので、もちろんターン1で私を抜くチャンスがありましたが、お互いにタイムをロスしたので少し残念でした。カルロスがコーナーを曲がって、私がイン側にいることに気付かなかったため、フロントウイングを損傷してしまい、レースがさらに難しくなりました。レース前にこのフェーズでは経済的に運転しなければならないことが明確に示されていたのに、そんなことをする意味が分かりませんでした。蛇足ですが、ホームレースだし、キャリアの中でも大事なレースでもあるので、ちょっと派手なことをしたかったのかなとも思います。でも私はおそらくそれをやるのにふさわしい人間ではなかった。 「」

サインツ、ルクレールを「不平不満が多すぎる」と批判

当然のことながら、サインツ一族からの反応は実際にカルロス・ジュニオールの指揮下で行われた。ガレージにいる隣人の発言に気づいたスペイン人は、ためらうことなく彼を指差し、次のように推測した。 スカイスポーツF1より、 それ " 彼がレース後に何かについて不平を言うことが多すぎる。 「」

厳しい追い越しを正当化するために、マドリレニア人選手は、タイヤが壊れてスタートしたメルセデスが最初の瞬間に発進するのを特に防ぎたかったので、レース開始時に接触することを望んでいたが、なぜ決勝まではそうしなかったのかを示した。終わり。

« 私は攻撃中だったと彼は続けます。私たちは新しいソフトタイヤを履いていたが、メルセデスはすでに数周を走行したソフトタイヤを履いていた。 9人いるときに最初から攻撃して追い越さなければなりませんでした。レース前からの計画通りだった。私がチャールズを追い抜いたのは…彼がミスをしたのか、それとも少しやりすぎたのかはわかりません。それから私は続けてルイスを追い抜きそうになり、ルイスをアンダーカットしてピットでラッセルを追い抜きそうになりました。ドライバーとしてやるべきこと、ドライバーとして求められていることをやろうとしました。 (チャールズは)もっと管理しなければならなかったが、それが結果的に彼にとって報われた。なぜなら、彼はソフト-ミディアム-ソフト戦略で最後に私を倒したからだ。私としては、ソフト、ミディアム、ハードの攻撃性に賭けましたが、それは報われませんでした。そのようなものです。 » これがカタルーニャでは単なる熱波にとどまり、残りのシーズンまで続かないことを願っています。いずれにせよ、シャルル・ルクレールは、間違いなく熱狂を静めるために、この件について社内で話し合うことを約束した。

こちらもお読みください > ハミルトンは息をつき、アロンソはため息…スペインGPの驚くべき数字

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)