ランド・ノリス:「マクラーレンはフロントロウに座るのに十分だった」

サクヒールでの予選では10台のマシンがトップ2に入ったにもかかわらず、ランド・ノリスはマクラーレンがXNUMX番グリッドに入る可能性があると信じていた。

公開 02/03/2024 à 13:30

メディ・カサウラン

0 コメントを見る)

ランド・ノリス:「マクラーレンはフロントロウに座るのに十分だった」

© DPPI / シャビ・ボニーラ

2023 年 XNUMX 月には、 マクラーレン バーレーンGPはQ1とQ2で惜しくも予選敗退となった。 10年後、オレンジと黒のXNUMX台がトップXNUMX入りを果たし輝きを取り戻した!

優れたセブンスビートの作者、 ランドー・ノリス しかし、笑顔ではなかった。英国人によると、ポールシッターの横に座る余地は十分にあったという マックスVerstappen.

こちらもお読みください > バーレーンGPのスターティンググリッド

「セクター1を無駄にしてしまいました。ただターン1からアクセルを踏み込んだときに少しオーバーステアが出てしまいました。軽くXNUMX分のXNUMXのタイムを費やしましたが、今日はXNUMX分のXNUMXのタイムでXNUMX位に入る価値がありました。」 ランド・ノリスはこう分析する。

「悔しいし、そのせいでもう少しプッシュしたいという衝動に駆られたが、間違ったことだった。そしてターン4でさらにXNUMXつのミスでその代償を再び支払った。正直、最前列に入るには十分なクルマだったので、そこに届かなかったのは残念です。 »

しかし、ランド・ノリスは、自分の乗馬が期待に応えてくれたことを嬉しく思います。 「しかし、チームは素晴らしい仕事をしてくれたし、クルマの感触もとても良かったので、それに満足している。週末はうまくいきましたが、自分のペースが足りなかったので少し残念ですが、明日は挽回できるように頑張ります。 »

彼のオーストラリア人のチームメイト オスカー・ピアストリ 8位からスタートとなります。 「デリケートなセッションであることは間違いなく、 ピアストリ氏は語った。 昨夜と同じ感情はなかったので、その理由を理解しようと努めなければなりません。きつい、とてもきついです。私はそうは思わない レッドブル 皆が懸念していた通りのスピードなので、面白い年になることを願っています。私たちはここにいる 12 か月前よりも確かに少し幸せになっています。 »

メディ・カサウラン

あらゆる分野のモータースポーツの歴史に情熱を持っていた私は、AUTOhebdo のおかげで読書を学びました。 少なくとも私の両親は、私の名前を見たときにみんなにそう言います!

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く