サウジアラビア、1年のF2027開催地としてキディヤに新サーキットを披露

サウジ当局は今週火曜日、キディヤにある新しい常設サーキットの輪郭を正式に発表し、1年にF2027カレンダーに加わる可能性がある。

公開 05/03/2024 à 12:33

ドリアン・グランジェ

2 コメントを見る)

サウジアラビア、1年のF2027開催地としてキディヤに新サーキットを披露

© キディヤ・メディア

数日以内にジェッダで F1 サウジアラビアGPに向けて。 2021年からこの分野のカレンダーに登場 – 2027年まで延長 – コーニッシュ・サーキットは間もなくサウジアラビアの別のサーキット、キディヤと共存する可能性がある。 2020年に発表されたこのプロジェクトは勢いを増し始めており、今週火曜日に新たなマイルストーンに到達した。

サウジ当局は、将来のキディヤ・サーキットに関する新たな詳細を明らかにした。このサーキットは、2019年から砂漠の真ん中に、国の主要なエンターテイメントとゲームセンターの一つとなるために地面から立ち上がり続けている都市である。

元F1ドライバーのアレクサンダー・ブルツと建築家のヘルマン・ティルケが設計した、キディヤ・スピード・パークと名付けられた将来のキディヤ・サーキットは、「ザ・ブレイド」と呼ばれる最初の「シグネチャー」ターンを含む21のターンで構成される。高さは70メートルまで、20階に相当します。合計すると、ドライバーは 108 周あたり約 XNUMX メートルの標高差に耐えなければなりません。このコースは、常設サーキットと都市サーキットの要素を組み合わせることを目的としています。

このサーキットは、発売と同時に世界最速かつ最も高いジェットコースターのひとつとなる「ファルコン」とも併走する予定だ。コースの全長は明らかにされていないが、カレンダー上の現在の最長サーキットであるスパ・フランコルシャンとそのレイアウト7,004キロを超える可能性がある。

(写真: Qiddiya Media)

キディヤとジェッダがF1カレンダーに登場?

新しいサーキットの周囲には、いくつかのビューポイント、アトラクション、エンターテイメント、アクティビティが計画されています。 「キディヤ・スピード・パークは、キディヤの『パワー・トゥ・プレイ』哲学を真に体現するものとなり、キディヤ市をサウジのモータースポーツの本拠地、そして世界有数のモータースポーツ会場の一つとして位置づけることになる。とキディヤ・インベストメント・カンパニーのマネージング・ディレクター、アブドラ・アルダウッド氏は述べた。。来場者と観客は、世界最大のモータースポーツ イベントのいくつかを開催する準備ができている先駆的なトラックで、世界で最もユニークなレース体験の 1 つをお楽しみいただけます。 »

キディヤ複合施設が 2027 年頃に完成すると、 サウジアラビアはキディヤでの第2戦に加えてジェッダもカレンダーに残したいと考えている。アル・ファイサル皇太子は2023年、F1はサウジアラビアで最も重要なスポーツイベントであり、ジェッダ・サーキットに多額の投資が行われたが、この組織については商業権者であるリバティ・メディアと何の協議も行われていなかったと述べた。 XNUMXつの種族のうち。

こちらもお読みください > ベン・スライエム、2023年サウジGP中の「妨害容疑」で捜査を受ける

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

2 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

2 コメント

イヴ・アンリ・ランディエ

05 年 03 月 2024 日午前 06 時 33 分

背景に見事なレリーフを提供するために、2000 年代の終わりにバーニー E 最高首相の時代にプロジェクトが開発され、ケープタウン (国際空港近く) に全く新しいルートが建設されましたが、特にケープタウンの象徴的なテーブル マウンテンも建設されました。南アフリカの母なる都市であるケープタウンは、数十億の石油の助けを借りて無一文で誕生したキディヤのような新しい都市よりもはるかに本格的で活気に満ちた場所です。ドル!

イヴ・アンリ・ランディエ

05 年 03 月 2024 日午前 06 時 12 分

Alexander WURZ のおかげで、また別の「ティルケスク」レイアウトを回避できることを祈りましょう... 死ぬほど待ち遠しくなります。また、F1が大規模なスポーツウォッシュの王様である血なまぐさいMBSで2レースを押し付けられないことを祈りましょう...数日前には25度以下のリヤドでフリースタイルスキーが行われ、おそらく2029年は山岳地帯でのアジア冬季オリンピックも予定されています。ファラオ的(そして誇大妄想的!)Neomプロジェクトの近くにあるトロイェナ。

レビューを書く